ホームページ制作 末期色 2013年06月

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめでとう と ありがとう

  • 2013/06/19(水) 11:15:26

二宮くん、30歳おめでとうございます。(17日付)

誕生祭当日は、いつもの地元の嵐の人達と盛大にお祝いしていたんですが、誕生祭も終盤になった頃、今年のワク学の当落が始まり・・・、それが予想以上の落選報告ばかりとなり・・・、みんな意気消沈したまま解散となりました。さらに、直後からプレゾンの当落も始まったこともあり、最終的に胃薬飲んで寝込んでた・・・そんな今年の6月17日です。
結果、うちの強運な松本担や周りのお友達に助けられ、今年も無事に入学の運びとなったんですけど。
それもこれも二宮くんからのプレゼントかなーと思って(思い込むようにして)います。あんな胃が痛くなるくらいドキドキするプレゼントなんて二宮からに決まってる。


でもって、改めてあの二宮くんが30歳ですよ!

もうすっかり大人だってことは分かっていたけど、30歳ってやっぱりなんかすごい。上手く表現できないけど、とにかく大きな節目だなって感じます。
だって、私が二宮くんを認識して好きになっちゃったのって二宮くんが14か15歳の時だったと思うんだけど、それから二宮くんの人生の半分をずっと好きなんだぜ。やっぱり言葉に出来ないよね・・・。

誕生祭でケーキの周りに歴代の二宮うちわを並べてみたんですけど、今と別人のような幼い二宮くんとか、ちょっと拗ねたような二宮くんとか、変なパーマの二宮くんとか、坊主の二宮くんとか、年齢不詳の二宮くんとか、・・・今までの色んな二宮くん見てたらその時々の思い出が浮かんできて、改めてずっと好きだなーて気持ちでいっぱいになりました。

お誕生日おめでとう。そして、ありがとう。

これからもきっと悔しいくらい君が好きです。


ちなみに、うちわを年代順に並べてみたら、ドリアラのうちわが無いことを発見。探してみたけど、どうしても無い。なぜか相葉のうちわはある(笑)
多分、二宮が相当酷いビジュアルだったから相葉さんのしか買わなかったんじゃないかという記憶を確かめるために、画像を探してみたら・・・ビジュアルというより髪型が本当に酷かったww
さすがに、これは買わなかった私を許して欲しい。
気になった方は、「ドリアラ 二宮 うちわ」で探してみてくださいねー。


では、今年も二宮先生(30)の授業、楽しみにしてます。

スポンサーサイト

トラジュクリエ 5/20・21 その1

  • 2013/06/04(火) 14:40:02

クリエ全公演、お疲れ様でした。

今年初めてクリエを体験した私はトラジュクリエしか見れませんでしたが、毎日どのグループの公演レポからも幸せが溢れていて、本当に本当に素敵な一ヶ月だったと思います。
観たくても観れない入りたくても入れない公演ばかりだったので、これはぜひダイジェストでもいいから映像化を!もしくは全出演者によるクリエ感謝祭を!!(場所はもっと広いところでね)

と言うことで、改めまして顕嵐くん含めトラジュの5人お疲れ様でしたー。
先日もちょっと書きましたが、2日間とっても幸せで楽しくて最高のもの見せてもらいました。
クリエの何がすごいって、いつも誰かのバックとして踊っている5人が、クリエではメインでマイク持って歌って踊ってる・・・ただただその事が本当に泣きそうなほど感動なんですよ。
だって、いつも顕嵐くんの現場行っても、声すら聞けないことがほとんどなんだから。それがあの2時間弱の間だけはずっと思い描いていた夢が現実となって見ていられる・・・それだけでもう言葉にならない感動。

好きで良かった

心からそう思える現場、それがクリエでした。

夢がずっと続くとは限らないし、来年どころか明日から5人が同じステージに立つ姿が見られるとは限らない。そんなことは分かっているし、その儚さも含めて彼らを好きではいるけれど、今回のクリエを見たらまたいつか見られるんじゃないか・・・5人も同じ気持ちじゃないかなってちょっと思えちゃったんですよね。本当に少しだけど。
去年のプレゾンで5人が召集されて、プレゾン終わった後も5人で同じステージに立つこともあって、でも、そうでない仕事も増えてきて・・・。
だから、どこかでもしかしたらこれが最後かもしれないという気持ちもありながら臨んだんですけど、幕が上がってからも終わってからもそんな気持ち消えちゃって。いや、消えたとか大丈夫とかじゃないんだけど、なんて言うかやっぱり好きならどんな状況だって好きだなーって改めて思えたってことです。これから、5人が4人になったり3人になったりすることもあるかもしれないけど、どこでだって5人なら求められたものを見せてくれるだろうし、前に進んでくれるだろうなってこと。
それが顕嵐くんだけでなく、5人全員のパフォーマンスから伝わってきたので。
まあ、じたんはどのステージでも特に感傷的になったりしない人だし、今回もただいつものように顕嵐くんだったんだけど、逆にそんなブレない顕嵐くんだから好きなんだなと。

結局、顕嵐くん大好きって話ですいません。

ジュニアに湿っぽい感想は似合わないので、そろそろ本編レポ入ります!!
かじリーグとMCはまた次回。



続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。