ホームページ制作 末期色 DREAM BOYS @帝国劇場 0926 
FC2ブログ

DREAM BOYS @帝国劇場 0926 

  • 2009/10/04(日) 23:25:17

観劇から一週間経ってしまいましたけど、ドリボズ感想上げときます。

改めて、東京公演お疲れ様でしたー。
発表された時は、色々と前向きになれなかったドリボズですが、今では1回しか観れなかったことが本当に残念に思うほど、面白・・・いや楽しかったです。やっぱりジャニ舞台ってあらゆる夢が詰め込まれたエンターテイメントだね☆
残り大阪公演も無事に成功しますように。ついでにてごしさんが最終的にどこまでキャストの面々とお近付きになれるかどうかが私の目下の興味事項なので、その辺のことが今後雑誌などで話題に上ればいいなと思ってます。

ちなみに、今回も東京のおもろい人達(脱のついた教育委員会さんと、まめさん)と遊んでもらいました。ありがとうございました。観劇は、開演前に合流したてごみや担の人とまめさんとの3人だったんですが、てごみや担の人のバーチャルてごしっぷりに、会って数分でまめさんがゲッソリという事態にwwwてごみやー!(笑)そんなてごみや担のこととか、まめさんによるなんとかスノーマン講座については、まめさんが「四兄弟ブログ」にてあることあることを晒してくれてるので参考にして下さい(笑)
あと最近、てごしさんを相当気に入ってくれてる脱教育委員会さんは、今のところ1人もいないと思われるドリボズ出のてごし担になったらいいんじゃないかと本気で思ってます(笑)てごし担楽しいよー(勧誘)


では、感想は続きから。舞台のレポって書き慣れてないので、じたんベタ褒めのキモチワルイ内容になってますけど・・・。気になる方だけどうぞ。


☆拍手、ポチポチありがとうございました♪♪
以下、拍手レスです。

拍手レス>10/2 Sさん
もう笑うしかないですよね(笑)
JEはどんな発想してるのかと・・・。とにかく中身だけは裏切らない内容でお願いしたいです(切実)

拍手レス>10/3 3時台 saさん
ジョーズにも見えます(笑)どっちにしてもアメコミっぽいけど、パーティーでは無いですよね・・・。
後は中身のセンスに期待します・・・。

拍手レス>10/3 13時台 Cさん 
セレブ感もキラキラ感も全く無くなったパッケージに唖然でした・・・(笑)
どんな発想からそうなったのかと・・・JEには謎だらけです。
ソロコンは嬉しさの前に、まずチケ争奪のことで胃が痛いですよね・・・。私もてごますコンで、食欲無くしましたから(苦笑)お気持ちはよーく分かります。
とにかく、ぴぃたんを好きな人達が、ぴぃたんと素敵な時間を共有出来ることを祈ってます☆



ドリボズは滝さんの初代ドリボズ以来だし、しかもメインキャストがあの3人だと発表された時にはいくらなんでもアクが強過ぎる><・・・ってなったんですが、いざ観てみたら、ドリボズ自体は5年の間にかなり進化してだいぶ見やすくなってたし、メインの3人の個性の強さもぶつかり合うよりもそれぞれのキャラが際立つようで、想像してた以上にまとまってました。なんせ、あのトンチキさが炸裂してた時代しか観たこと無かったから、ストーリーが分かりやすくなっててビックリだったよね(笑)基本的にジャニワールドっぷりは変わってなくて、何度もトリップしそうだったけど。

ま、正直私はそんなジャニの伝統舞台に初めて立つてごしさんに必死で、内容どころじゃなかったんですが・・・。とにかく、じたんが想像以上に期待を裏切らない人でしたよ!(色々とww)
歌はもちろん、ダンスもお芝居も不安なく見れたし、一番経験値の浅いじたんだけど周りのベテラン勢の足を引っ張ることなく頑張ってたんじゃないかと。それに、思ってた以上に出番も多くて、3時間ホント忙しかった!!!(嬉しい悲鳴)
特に、生の舞台でじたんのお芝居を見るのは初めてなので(テゴラジ除く)、そこのとこ気になってたんですけど、周りの個性も強いせいかあまり浮いてなくて良かったです(笑)って言うか、じたんって芝居染みた芝居が上手いよね。日本語おかしいけど、じたん独特の喜怒哀楽の表現方法が、意外に舞台でのお芝居に合ってたように思います。あのウィスパー交じりな口調をナマで聞く度に腰砕けそうだったよおおおお。
あと、歌もダンスもこの夏の間に一回りも二回りも上達してて、またまた涙目でした。じたんベタ褒めばかりでスイマセン・・・。でも、あのステージで歌って踊るじたんは本当に生き生きと楽しそうで、1ヵ月前より更にまたパワーアップしたようにカッコよかったんだよ。最後の黒スーツや白スーツで出てきたじたんを見た時なんて思わず、

じ た ん 、 王 子 様 !!!

と、今まで一度も言ったことない言葉まで吐いてしまいましたから…(末期)
いや、それくらい本当にじたんが眩しいくらいキラキラだったんだぜ!・・・と、こんな感じで完全にドリボズ病でじたんの余韻が抜けてませんが、以下ざっくりと諸々の感想を。シーンごと順に書こうかと思ったけど、覚えてない上に全くまとまらないので進行順無視で書くよ!

「歌」
じたんの歌に関しては、てごますコンでMAXの魅力を味わったと思ってたんですが、今回もそんな予想を裏切るようにまた新たな魅力を見せ付けてくれました。こやまじゃないけど、この忙しかった夏の間いつ練習したんだよ!って時が何度もあったし、中でも序盤で歌うほぼ高音のファルセットの曲がスゴイ。てごしさんの裏声ってだけでも、てごし担瀕死・・・なのに、じっと佇んだまま物憂げな表情で歌う姿は、誰も寄せ付けないような神々しさでした。(自重出来ないてごし担)

あと、何と言ってもチャンプのジムでの「すばるvsてごし」みたいなところね。2人向かい合わせで、台詞を即興っぽく掛け合いのように歌ってくシーンなんだけど、これがまた凄かった!!!2人ともビブラートやフェイクを入れながら畳み掛けるように歌っていく様は、鬼気迫るものがあって会場がビリビリと震えるほど。ちょうど席が下手寄りだったので、この時のてごしさんの表情が良く見えたんだけど、久しぶりに闘争心剥き出しのようなじたんの表情に思わず、てごしサマ、カッコいい><・・・って泣きそうでした。つか、泣きました。
相手のすばるは、じたんとは声も表現方法も違うタイプの歌い手さんだけど、同じじゃないからこそ2人の存在感が増すっていうか、一歩間違えばただぶつかり合ってしまうところを、お互いが上手く強弱を付けることでそれぞれの魅力が引き出されてたと思います。てごしさんも、相手がすばるだからこそ、負けられない戦い!くらいの気迫で臨んだんじゃないかな。ま、勝ち負けじゃないんだけど、じたんって勝ち負けが大好きだから・・・いや、勝ちが大好きだからww
ここの2人が気持ちをぶつけ合うシーンは、今回の歌がメインのドリボズの中で大きな見所の1つになってたと思います。

「ダンス」
今回、歌メインってとこばかり意識してたので、じたんが踊る事に関しては完全に想像してなかったんだけど、これまたガッツリ踊ってたーーー!!ガッツリって言っても、そう何曲もあった訳じゃないんですが・・・。個人的には映画撮影のシーンでの、ボクシング風ダンスを踊るじたんがめちゃめちゃカッコよかったので、それだけでガッツリ踊ってた印象です。愛マタより断然キレがあって上達してたし、キビキビした動きはカッコいいけどてごしさんの場合どうしても可愛く見えてモエ苦しかったです。
しかも衣装がボクサーパンツですよ!上半身は裸にロングベストを羽織っただけですよ!ちくび担では無いので、ちくびポロリには不感症ですけど・・・、インナーマッスルを鍛えてるじたんだけあって、平べったい胸板に思わず大興奮でした。ムキムキしてないけど身体能力高いじたんの身体付きとか大好きなので・・・。しかも、汗で光ってる平べったい胸板とかタマらんです。(あくまで平べったいがポイント)
歌もいいけど、やっぱり踊ってる姿が一番テンション上がるんですよね。今回のじたんのダンスを見たら、改めてダンスに関してももっと色んなジャンルに挑戦して欲しいなーって、欲が出ちゃいまいました。アイドルは踊ってなんぼ!

「アドリブ」
ちょいちょいアドリブシーンはあるんですが、なんと言っても桟橋のシーンでのじたんが噂通りの暴走っぷりでしたwwww このシーンでかめなしくんが若干老けたように見えたのは気のせいかなw
さすがに全部はメモれなかったけど、大雑把な流れを。

・カズヤが佇む桟橋の下をくぐって、一艘の船が登場。
・船の中から隠れてたてごしさん登場。
・て ご し さ ん 前 髪 が!!!
・じたんが前髪パッ(前髪だけ噴水みたいにしばる髪型)な髪型にしてるんですけど!!!
・しかも、赤ちゃんっぽい口調で、手「ゆうやが来たよ~」wwww
・お前幾つになったんだよ?・・・と聞く、亀たん。
・手「21になりまちた~!(赤ちゃん口調)」・・・てごしサマ!(白目)
・亀「その前髪いつ直すんだ?」「いつか直す」・・・ザ適当ww
・あと、じたんが「飴とムチ!」とか叫んでたけど、もう一体何がなんだか・・・ww
・桟橋の上に上がって来いと言われ、「今行くよ、トウ!」・・・と、船から降りるてごしさん。そこ海(の設定)だから!(笑)
・当然、亀たんからもツッコまれるてごしさん。
・手「設定よりテンション重視!」
・亀「設定よりテンション重視・・・」・・・もう繰り返すしかないよねwww
・この日来場してた田口くんに返事をさせる亀たん。田口と聞いて思わず「入り口出口田口くんだ」と呟いたら、その後すぐじたんが「入り口出口田口くん」とか言ってて、ああ、、じたんだなあ・・・と思いました(笑)
・じたんが「やっほー!」と言うと、言葉を返してくれる会場に、「お魚さんがコール&レスポンスしてくれる」と、じたん。「コール&レスポンス」を噛んじゃってて可愛かった(笑)
・やり取りを全然覚えてないけど、じたんが突然、亀たんのことを「やーかず!」と呼んでましたwww
・段々、亀たんの声に覇気が無くなってくよ。頑張って、亀たん。
・てごしさんの縛ってある前髪を取りながら、「♪手をつないだら 行ってみよう~」と、美容師っぽく某ドラマ主題歌を歌う亀たん。てごしさんは髪を弄られながらニコニコしてただけなので、多分ドラマのこととか気づいてなかったんじゃないかな(笑)でも、亀たんに髪を直してもらってる姿は、すっかり甘えた感じになってて超可愛かったです。
・突然、普通の芝居に戻るてごしさん。スイッチ切り替え早っ!www
「忙しいんだよ。帝劇行かなきゃ・・・」と捌けようとする亀たん。
「帝劇はここ!!!」と、ハイテンションで返すてごしさん。
・そしてまたすぐ普通の芝居に戻るじたん・・・って、切り替え早過ぎだからwwもう、じたんの瞬発力って何なのwwwアドリブで暴走してたと思えば、一瞬でウィスパー交じりの台詞話してるし(笑)

暴走するじたんに関しては、てごし担は見慣れてるけどw、今回初めましての亀担さんにはどんな風に映ったのかとても心配です(笑)ともかく、亀たんお疲れ様。とりあえず、てごし担はここだけで相当グッタリでした。

「愛なんて」「Devil or Angel」
やっぱり持ち歌は、テンション上がるね!!!
「愛なんて」はユウヤユニットとして歌うてごしさん。そのユウヤユニットって名前はもう少しなんとかならなかったんですか・・・。
デビエンはガンガン踊る訳じゃなかったけど、てごしさんの指を振る仕草(よくやるやつ)に隣りのてごみや担と一緒に大興奮でした。ドS担は指の動きに弱いです・・・。
あと、亀たんと交互に曲を歌う感じが、テントサマリーのカツンvsニュウスを彷彿するようで、懐かしかったよ。

「Fight Man」
私の中では、ドリボズと言えばこの曲なんですよね。それに、すばるのイメージが一番強い。
出だしのインパクトといい、曲のパンチ力といい、この曲にすばるの声はピッタリだと思います。きっと、じたんも歌いたくてウズウズしてたと思うよ。

「フライング」
亀たんのフライングは相変わらず凄かったですよ。そこまでやらなくても・・・と思うくらい、もはやアスリートの域でした。
さすがにじたんはフライングは無いよねと思ってたら、最後に3人でフライングきたああああ!!!しかも、白いキラキラのスーツ姿でのフライング!!!もう、ワイヤーなんて見えないよ。てごしサマが自力で飛んでるよー><ってなったのは当然です。夢にまで見たSHOCKのコウイチ様みたいなフライングをじたんが帝劇でやる日が来るなんて・・・そんなの冷静でいられる訳がない!優雅にフライングするてごしさんはとても嬉しそうな笑顔で、本当にキラキラキラキラてごしサマでした(重症)
これが見れただけでも、ドリボズに参加出来た価値があります。

「ショータイム」
SHOCKではショータイムが無くなっちゃったけど、やっぱりあると嬉しいし、本編とはまた別のそれぞれのパフォーマンスが見れてお得感あるよね。
スノマンから亀たんの女形姿まで、見所満載なショータイムでしたけど、てごし担にとってはやっぱりこれ!「恋のABO」で、灰になりそうなくらいモエ尽きた件!

まず、ハットを被って登場したてごしさんの衣装がピンクのシャツにネクタイ!!!ハットを被ったせいでボリュームある裾の毛がピエロみたいだったとか全く問題じゃないよ。緩めに締めたキラキラのネクタイと大股開きで椅子に座って、周りに女性ダンサーはびこらせてるてごしさんが 最 高 としか言えなかったから!!!多分、てごしさんが考えるエロス全開のパフォーマンスだったと思うんだけど、確かにシャツの裾を捲り上げるとこはエロかったけど!・・・「♪POPなHIPがバーン」のとこでお尻を撫で上げてフリフリするてごしさんは、エロというよりカワイイとしか言えませんでした><もう、尻から太腿にかけてがムッチムチ過ぎて。そんなパツパツの尻をフリフリしてるじたんなんて、カワイイに決まってるじゃん!あと、サビの振りはオリジナルと全然違ってて、緩~い感じの振りになってたけど、その緩さも可愛かった。(甘)
そして、最後の最後に、ネクタイ咥えてるしーーーー!!!(降参)もう、ネクタイ担の私がどんだけそういう演出が好きかと!!!(吐)
じたんソロと言えばバラードという時代もあったけど、愛マタといいどんどん私好みのパフォーマンスを魅せてくれるじたんに、これからも這いつくばって着いていく所存です!(誓)

あと、「希望~Yell」で遠慮がちに♪フレーフレーと手をあげるじたんとか、塚ちゃんが持ってたマイクが汗でベトベトになっちゃったことで3人とも爆笑してなかなか歌えなかったミソスープとか、それでもじぶんのパートになるとしっかり歌ってるてごしさんとか、塚ちゃんの「ヒムロック!」の事故っぷりwwwとか、亀たんの女形を見ながら思い出したのはじたんのJK姿・・・とか、本当にSHOWと言うのに相応しいショータイムでした。
ここだけは絶対DVDに入れといてください。

「おまけ:めがね男子」
ショータイムの途中で登場してきたじたんがダテ眼鏡かけてるんですけどー!!(失神)
劇中と違って、ショータイムでは亀たんとすばると一緒にいると若干遠慮がちで控えめなてごしさんでしたけど、そんなとこも含めて最後までめがね男子のじたんに完敗でした(白旗)
ドリボズ最高ー☆


まだまだ色々と書きたいことテンコ盛りなんですが、長くて鬱陶しいだけになりそうなので、この辺で〆。
本編はもちろん、場外でも本当に楽しいドリボズ観劇だったので、また機会があれば同じキャストで再演なんてことになって欲しいなと思ってます。
その時はまた同じメンバーで全力で駆けつけるよー。

この記事に対するコメント

はじめまして

はじめまして。
以前からいっけさんの文章が楽しくて、こっそり覗き見していた亀担です。
ドリボの感想、ということで思わずコメントさせていただきました。
今回のドリボで、手越君大好きになりました。素直で柔軟で、かわいい(>_<)歌の上手さにもびっくりです。『恋のABO』もどんどんエロ可愛くなっていって、ノビノビしててすごく良かったです。
桟橋のシーン、はい、亀たんはおじいちゃんのようです…苦笑。頭が柔軟なかわいい孫についていけないおじいちゃんです。でも、普段は、寒い暴走をし続ける末っ子亀梨さんなので、振り回されて困っている姿は大変新鮮で萌えました。←変態。
手越くんのムチャ振りに、硬い頭で必死で返すも、即座にポーンと返されて「……。」となっているのをよく見ました。そのたびに、くくく、と笑っていた悪魔のような亀担です。
そして、ラストの3人のフライング、自担のフライングには後光を見ましたが、その奥の手越くんには白い羽が見えました。ふわふわの頭でニコニコと空中をさまよう手越くんには白い羽が見えました。(二度目)
大阪公演でも、どんどん変わっていくであろう手越くんパワーが楽しみです。そしてこれからも、いっけさんの文章楽しみにしています。長文失礼しました。

  • 投稿者: わか
  • 2009/10/07(水) 03:28:29
  • [編集]

初めまして☆コメントありがとうございました♪

こんな辺境のてごし担ブログを覗かれてたなんて・・・とても気恥ずかしいですが、いつもあまりじたんと繋がりのない担当さんからのコメントはとても新鮮で嬉しいです☆
ドリボズのじたんの感想もありがとうございます♪
「大好きになりました」とのお言葉、じたんに代わって全力で受け取らせていただきます!(笑)
今回、舞台経験の無いじたんがドリボズに参加することになってどうなるかと思いましたが、先輩2人の刺激を受けてとてもいい経験になったんじゃないかと思います。てごし担としては色々ドキドキでしたけど・・・(笑)
じたんもニュウスでは末っ子なので、いつもあんな調子・・・いやもっと酷いんですが、亀たんもじたん同じ末っ子B型なんですよね。
キャリアの差とは言え、堂々としたオーラ漂うような座長っぷりには尊敬します。
また、じたんが何かお世話になることがあれば、可愛がってやって下さい。あんな調子なんで、亀たんの精神的疲労が心配ですけど・・・(笑)
残り大阪も無事終わりますように。私は行けませんが、もし行かれるようでしたら楽しんで来て下さいね☆

それでは、長々失礼しました。またお気軽にどうぞ♪

  • 投稿者: レス いっけ>わかさん
  • 2009/10/07(水) 16:35:29
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する