ホームページ制作 末期色 絶賛上映中

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶賛上映中

  • 2010/04/08(木) 22:00:45

てごます交通安全パレードって何・・・

平日のイベントだからもちろん応募すらしてなかったんだけど、そんな素敵なイベントだったなんて!!そういうことは早く言ってよね!
WSも見事に逃しまくったので、一応写真だけ見てきましたけど。署長コスプレーーーーーーー。
でも、思ったよりじたんの署長コスにはモエず・・・どっちかって言うとますださんでした。やっぱり制服モノはますださんに限るなと。
あああ、こんなレアなパレードなんて、見たかったなー。



相変わらず5×10DVDに夢中で、てごます情報も疎かになってますが、明日のしげドラマは忘れないようにします!



では、遅くなりましたが、誰キス感想。
ネタバレ隠して無いから注意ですよー。


誰かが私にキスをした
公開2日目に相方と観に行ったにもかかわらず、客は20人程度・・・。とか言う私も、映画はどんなに好きな作品でも1回しか観に行かないので、多分もう劇場で観る事は無いと思いますが、日が経つにつれミライくん禁断症状が出て困ってます。早くDVD出してくれ!
個人的には1回観れば十分な感じの作品でしたけど・・・、とにかくミライくんの余韻が濃いのだよ(笑) しかも、見終わった直後よりも後でじわじわ来るような、中毒的な余韻で。思い出しては、ああもうミライくーん><ってなってます(病)
そんなミライくんの濃さとは逆に、作品の方は舞台がアメリカンスクールだったり、人物関係も日本人だけじゃなかったり、イヤーブックとかパーティーとか日本の学校ではあまり馴染みのない行事が出てきたりするので、映画全体の雰囲気はアメリカの青春ラブストーリーみたいな感じでした。アメリカの青春ラブストーリーってよく知らないけど(苦笑) ラブストーリーでも恋愛のドロドロした感じが無かったので、観終わった後もスッキリと、最後までストレス無く観れましたね。ただ、じたんに関しては出てくる度に色々と反応してしまって大変だったけど!

あと、堀北さんもマツケンさんも映画の雰囲気にピッタリで嫌味が無く、キスシーンも 爽 や か 。ただ、マツケンの役柄が私には惚れる要素が全く無かったことだけが残念・・・。あんな不安定な人、とてもムリ・・・。でも、ベッドに横たわったシーンで、一瞬マツケンがにのちゃんに見えてドキドキしました。犬顔さいこう!あああ、ガンツ楽しみだなー。

って話が逸れたけど・・・てごし担としては何と言ってもじたんですよ!

もう、ストーリーの3分の2くらいまで、てごしさん・・・全然おいしくない役じゃん!って感じのミライくん(笑) 最初っから妙なジャケット着せられてるしwww基本的にミライくんの服装にオシャレ感は1ミリも無いんですがw、特にこのジャケットは本当に酷かったwwwてごしさんが私服で着てたら絶対嫌いになりそう・・・(どんだけ)
そんなリスクもあったり、好きな女の子には事あるごとに自分編集のオリジナルCDをプレゼントしたり、かけてるメガネに時々「はあー」と息掛けて拭いたり・・・と、日本の学校だったら絶対浮きまくってしまいそうなキャラのミライくんなんですが、それでもどこか憎めないカワイイやつ!という奇跡。演技もいつものてごしさんらしいちょっとオーバー気味なところも、アメリカンっぽい映画の雰囲気に合っててそれほど浮いてなかったと思います。ま、普段からどこかアメリカンっぽい人ですからね(笑)
そんな感じなので、最初の方はミライくんが出てくる度に笑ってしまいそうで大変だったんだけど、見慣れてくるうちにミライくんの女の子に対する優しさとか、時々ウィスパーっぽくなる口調とか、プンスカ怒ってるミライくんとか、段々とミライ=じたんに見えてきてカワイイカワイイ。しかも、最後に病気でダウンしちゃうミライくんなんて!!!!!もう、それまでの衣装が衣装だっただけに、入院してる時のパジャマ姿が一番可愛かった!!!ベッドの上でコホコホ咳き込むミライくんとか、ベッドの上でもメガネ拭いてるミライくんとか、若旦那を思い出させるようなウィスパーボイスとか、この病室シーンで一気にテンション振り切れそうでした><

そして、ラストは・・・なんだかんだでハッピーエンドのナオミとミライくん。

え、、、じたんが一番オイシイじゃんwwwなんかもう、絶対最後まで2番手の役だと思ってたから、完全に予想外だったんですけど。「硫黄島」で最後までにのちゃんが生き残った時くらい予想外でビックリしたよね(笑)
でも、最後のハッピーエンドの2人が、本当に可愛かった!しかも、ここでミライくんの・・・

「また、キミに忘れられるなんて、僕には耐えられそうにないよ」

って言葉がもーーーーーー!今までのミライくんの切ない心情と重なって、もう心臓が痛くなるくらいきゅううううんんってなりましたよ。ミライくん良かったねーって。(誰)


そんな訳で、結局最後にはじたんのことしか残らなかったんですが・・・、癖のあるキャラの中にもてごしさんの魅力がちゃんと出てて本当に良かったなと思います。ただカッコいいだけの役じゃなく、こういう難しい役こそハマるような、そんなお仕事がまた見れたらいいなと。てごしさんの場合、イケメン役でも 女 装 とか付いてくるので、もう何でも来いだけどね。ただ、あのジャケットだけは勘弁して欲しい。(そんな〆)



☆拍手、ポチポチありがとうございました♪♪

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。