ホームページ制作 末期色 ARASHI 10-11TOUR "Scene"~君と僕の見ている風景~東京ドーム 11/20・21

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARASHI 10-11TOUR "Scene"~君と僕の見ている風景~東京ドーム 11/20・21

  • 2010/12/01(水) 17:52:16

師走です。

いよいよカウコンの発表もあり、今年も残すとこ1ヶ月。今年だけはじたんの晴れ姿を見に、大晦日はドームに駆けつけたい気持ちでいますが、さあどうなることでしょう。現場に飛べるかお茶の間になるかまだ分かりませんが、どっちにしてもニュウス末ズの晴れ姿が見られることを期待してます。まさか年男の紹介で、1人振り袖とか着ちゃったらどうしよう・・・とか不安もあるけど。いや、寧ろ着たらカワイイだろうなとかちょっと思うけど、まずは年男の紹介がちゃんとありますよーに!(せつじつ)


では、以下だいぶ遅くなりましたが。東京ドーム(嵐)のレポです。ここで需要があるのかないのかと言ったらほとんど無いと思いますけど、自分用ってことで覚書しときます


嵐コン 東京ドーム 11/20・21
20日は、3塁側スタンド1階の後方だったけど、今回の花道の作り方とかのおかげで意外に見やすくてストレス感じず楽しめました。そして、21日は久しぶりのアリーナ!てごみやの人が花道から2列目という奇跡のCブロを引き当ててくれたせいか、にのみやが来る来る(笑)おかげで前髪をちょこっと切ったカワイイにのみやと、そのプリプリのおケツまで存分に楽しませていただきました。ありがとうございました。

では、細かいレポは続きで。



☆拍手、ポチポチありがとうございました♪♪

拍手レス>11/30 Cさん
どうもご無沙汰してます☆
みなさん、担当の髪型はやはり気になりますよね。まあ、結局見慣れれば何でも良くなってしまうんですが、可愛いに越したことはないなと。
ぴぃたんの髪型はまだ見れてないんですけど、噂ではとても可愛らしいと聞いて早く見たいなーと思ってます。
これから年末の歌番組とか映画の番宣でタップリ見れそうですね♪

奥大井湖上って、あの大井川のトロッコ鉄道の方面ですか?(六角さんの時のしやがれ、あまりしっかり見てなくて・・・)
トロッコ電車で接阻峡までは私も行ったことがあります。紅葉シーズンはとても綺麗でしょうね♪
そろそろ富士山も雪をかぶってキレイですよー。ぜひ、こっち方面にもお越し下さい☆





movin'on
OP映像は、国立の時とはガラっと変わって、モノトーンのスタイリッシュな映像になってました。そのスクリーンが左右に開いて、スモークの中から5人が出てくる時の会場のピークっていったら凄かった。でも、スモークもくもくでしばらく何も見えないのね。で、ようやく見えたと思ったら、20日はにのみやの髪型がもの凄くヘンタイっぽくて隣りのてごみやの人と思わず悲鳴。8:2分けっていうか、左右のボリュームのバランスがおかしいっていうか、ただただ残念でした。しかし、その翌日の21日は、前髪を少し切ったらしくて、出て来た瞬間その可愛さに思わずてごみやの人とガッツポーズ!まあ、ヘンタイだろうとハゲ宮だろうとそんなことでにのみやへのモチベーションは変わらないんだけど。どっちが正解かと言ったら21日の髪型だと思います。って、ムービオン踊りながらも、にのみやの髪型に集中し過ぎてスイマセン。

■Love rainbow
指揮者まつもとさんが見れましたよーーーーー!!こ、これは、カワイイ!!!4人が松本さんに指揮られながらあのバイオリン弾くように踊る姿は、そりゃ凄まじい可愛さでした!!!ちょうどにのあいアングルだったので、2曲目から既に腰砕けそうだったよ。

Trouble maker
国立では最後の肩組んで横に並ぶ恒例のヤツが見れなかったのが残念だったけど、ドームではしっかり見せてくれました。20日は、お約束のにのちゃんが意地悪して大野さんを入れないパターン。21日は、大野さんを入れてあげながら大野さんをガン見するというパターン。どっちも客の沸きっぷりがスゴイ。

Attack it
両日とも3塁側で、しかも21日はサイドステ近くのアリーナだったので、にのみやの「いらっしゃいませー」を目の前で聞けたり、「外野の言葉はシカトする、ハッハー!」で白目剥いて舌出してる悪い櫻井さんを肉眼で拝むことが出来たりしました。
「いらっしゃいませー」も悪い櫻井さんも、やっぱり嵐コン行かなきゃ見られないですからね。こうして今年も拝めることが出来てありがたいことです。

Everything
スクリーンに国立懐古みたいな映像が映し出されてた気がする。同じツアーなのに、あの最高に暑かった季節がもうモノクロに映ってしまうんだな・・・とぼんやりしながら聴いた記憶。

T.A.B.O.O 
ここでタブーはまだ早いだろ!!!いや、十分身体は温まってきたけど、もっと時間的に後の方で観たかったなと。ただ、ドームでもクオリティは国立のまんまで、映像見たり真っ赤なポリスマンの格好で踊り狂う翔さん見たりで、本当に目が忙しかった!!!あの衣装はもうコスプレの域だと思います。あと、やっぱり最大の見所は、最後花道でパタリと仰向けに倒れる翔さんだと思う。(笑うところではない)

let me down
翔ちゃんのエンディングに浸る間もなく、2つのサイドステに大宮・松相と分かれて登場。とにかく、この曲はダンスがカッコいいし可愛いし大好きです!2日とも3塁側しか見えないから、相葉にロックオンだったけど、相葉の動きがまた苦しいほどカワイイんだ!特に、目の上で手をかざすポーズは最上級の相葉だったことを全世界にお伝えしたい。(本気)

マダ上ヲ
国立のセットリストを見た時、なぜこの曲をやらないのか!と憤慨した思い出だけど、ドームでは見事にセットリスト入りしてくれました!ああああ、、、思った通り、これ踊りながらムビステで移動していく嵐がめちゃめちゃカッコいいぜーーーーーー!!!まだまだこういう攻める嵐を見せてくれると、来年以降もこの超バブル時代から脱落してなんかいられないなと身が引き締まる思いがします。

kagero
今回のドームでは、レミダンからのここまでの流れが最高に神懸かってたと思う。サイド→センター→バックステまで3曲移動しながら全部踊るパフォーマンスとか、もう圧巻過ぎて瞳孔開きっぱなしだったから!まだ前半の中盤なのにこれだけのボリュームあるものを見せてくれるってさすがだなと。天才。
ちなみに、にのみやのいつものトリッキーな動きも磨きかかってて、一瞬足りとも目が離せなかったです。特に、この曲のアウトロで足を上げるにのみやはバレリーナにしか見えなくて、2日とも思わず「バレリーナ!!!」って叫んでしまってスイマセンでした。(自重)

Oh yeah!

静かな夜に
軽いのに重厚。緩いけど鋭い・・・そんなメリハリの付け方が物凄い高度なことなんだろうけど、まるで歩くとか座るとかと同じように自然な動きに感じさせる大野さんのクオリティには、毎度のことながら惚れ惚れします。それでいて、怪物くんとかも全力でやってくれるんだぜ!(笑) この人の深さには誰も敵わないよなー。

1992*4##111
私 も 黄 色 い 家 来 に な り た い で す ・・・(狂)

20日はあんな変な髪形だったのに、それなのにペンギンのようにヨチヨチと階段を登ったり降りたり、黄色い家来(ジュニア)引き連れてハート型作らせたり風船持たせたり、思いっ切りスイートなステージに風船で「 I(ハート)U 」とか作ってあったり、そんな赤面しちゃうような演出を恥ずかし気もなく見せてくれちゃうにのちゃんなんて、、、、もーーーーーーーーーズルイ!!!>< そんなの見せられたら、どんな変態な髪型だろうと可愛いって思っちゃうに決まってんだろー!口パクで「♪アーイラーブユー」って言われた後に、「歌 え!」とか言われたら全力で一緒に歌うし!もう、黄色い王子に完全幸福・・・いや、降伏です!(土下座)
国立の時と同じ可愛い帽子姿で出てくると思ったら被ってなくて、思わず「被ってなーい!!!」と叫んでしまったら、前の列の方達に「帽子被ってた方が可愛いですよね!」と思わず賛同されてしまったりしたけどw、最後に口に当てた人差し指を投げチューのように客席に指差すにのみやには、全力で悲鳴でした。ダメだ・・・降参。足の角度まで完璧に計算されたものだって分かってるけど、その計算力含めて大好きです。黄色い国の黄色い王子、ばんざい!

CARNIVAL NIGHT part2
One Love
ハダシの未来
3曲ともフロートに乗って、外周で。忘れてたけど、そう言えば嵐さんはフロート1人1台仕様でしたね。金掛かってんなあ・・・(現実的) 
One Loveの時、翔くんが隣りのフロートの相葉をじーっと見詰めるというプレイが2日ともありました。ただ今絶賛相葉ブームらしい翔くんが、何かと相葉に構ってた気がする。

ファイトソング
この怒涛の前半のラストにファイトソングはキツイ。いつもの掛け声の時、嵐さんが入れる合いの手が「ソイヤ!ソイヤ!」になってました(笑)いつからそうなったん だ!

■MC&「ユカイツーカイ」

Don't stop
これもドームからの追加曲。メインステで踊ります。Vの字のフォーメーションの時、先頭の相葉が手を挙げるタイミングを間違えたらしく、それに気付いた翔くんがニヤニヤしてたとか。さすが相葉ブーム。

リフレイン

Dear Snow
にのみやの大ソロが不安定でドキドキしました・・・。

あの日のメリークリスマス
メンバーそれぞれ外周に散ってくのねー・・・って思ってたら、真ん中の花道ににのあい!!!ていうか、待ってるにのみやのところに相葉ちゃんが来て、にのみやの肩を抱きながら2人揃って花道歩き出す・・・って何事!!!にのあい厨ころす気ですかあああああ!!!もう期待してたとは言え、実際そんなにのあいを目にした瞬間ひっくり返りそうになりましたよ。肩を抱かれるにのみやはもちろん酷いデレっぷりだし、21日公演の時なんて、相葉の衣装の裾持ってブンブン振りながら楽しそうに歩いてるし!相葉担、ちゃんと仕事して!
さらに花道歩いて行った後は、センステににのあい独占状態。白いふんわりした衣装の2人が円いステージに2人きりって・・・にのあいがセンステに舞い降りたてんしにしか見えない。ま・じ・で。
曲のこと全く覚えてないけど、最高のにのあいが見れたことだけは一生忘れません><

Come back to me
感想は国立と同様のため省略。

Magical Song
松本ソロ終わり、メインステからバックステにレーザービームが伸びた先に、相葉ちゃん登場!って、どんなマジカル!!!国立では幻を見たかと思うような異次元の可愛さの相葉だったけど、ドームでも全く同じクオリティの相葉がいてようやく現実だったんだと実感できました。しかし、スクリーンにアップで映し出された電光掲示板付きサングラスをかけた相葉は本当に腰抜かす可愛さだね!何度見てもあの可愛さには慣れない。
ホント最初っから最後まで、「可愛い」って言葉と悲鳴しか口から出なかったんだけど、21日は「♪マジカルソンソンソン・・」のとこの手をパクパクさせる振りがそれまでの1.5倍くらい大きくなったように見えて、その瞬間私の中の全てのメーターが振り切れました。あいばあああああああ・・・(絶叫)

PIKA☆☆NCHI DOUBLE
Love so sweet

言葉よりも大切なもの
2日とも、最初の大野さんソロパートをわざと歌い出しちゃう相葉を、松本さんとかが全力で止めてた気がする。両日とも大野さんが近かったので、あまり相葉の方は見えなかったけど。大野さんもそれに気付いてないのか、普通にスタンドに向かって「ここには?」「あるからー!」を気持ち良さそうにやってました。

Believe
これも両日ともサクラップを近くで拝めましたー!やっぱりビリーブ大好き。でも踊らないビリーブはビリーブじゃないやい><

SHOW time
サーカス
何度見てもあの衣装は酷いな・・・。でも、サーカスは何度か見るうちに段々面白いかも・・・と思えるようになりました。四角い枠に乗って宙吊りになったにのちゃんの、固定ベルトに巻かれた腕とか、うっかりモエたし。
あと、サーカスのソロパートで、人差し指と中指を交互に上下させるにのみやが、サーカスのちょっと狂気な雰囲気と相まって怪しげで発狂しそうでしたよ。

ダンス
国立ではどこをどう見ていいのか焦点が定まらないうちに終わってしまったけど、ドームではサーカスから次の曲への流れとしてとても見やすくて、終盤に向けてガッと加速していく感じでした。
パフォーマンスは超カッチョ良かったけど、やっぱりにのあい厨としては完全ににのあいの記憶ばかりでスイマセン。(先に謝っとく) 特に、花道を5人縦並びで移動する時、先頭を歩くにのちゃんの手足の動きが完全にオモチャの兵隊さんにしか見えなくて大変でした。原動力はネジ・・・みたいな。あと、千手観音の時の並びが、前から大・に・相だったため、後ろからにのみやを目隠しするような相葉に、これまたにのあい担大興奮。これは早くDVDで見たい!

Monster
やはり今年の代表曲と言ったらこれですかね。少なくとも今回の構成のクライマックスを飾るには最も相応しい曲だったと思います。あのイントロが始まった瞬間から一瞬も目が離せないっていうか、一瞬で全てを引き付けてしまう吸引力は完全に別格っていうか。終わった後溜め息しか出ないパフォーマンスは他と比じゃないほど圧巻でした。
でもって、アリーナから見た時、「♪また君を探す~」のとこでにのみやが相葉を見詰めてたんですけどー!!!私のおかしな頭がとうとう幻見たんじゃないかって思われるかもしれないけど、あれは確かに現実だった!・・・と思う。でも、本当だったら視線は前方を見て踊るところ、相葉を見てたってことは1人だけ視線が反対なわけで・・・。そこまでして相葉を見てたかと思うと本気で狂気なんだけど、そんなにのみやの狂気なところが大好きなので、次の名古屋でもう一度同じ光景が見れたらなと思います。

To be free
空高く
近くの上下リフターが翔くんだったので、政治家のように手を振りながら笑顔を振りまく翔くんの記憶。あと、今回の銀テープがそれぞれのメンバーカラーなんですが、黄色をゲットしようと必死になってたら1曲終わってました・・・。しかも、私のところに降ってきたのは紫1本だけっていう。まつもっさーん!


■EC1■
Summer Splash
ツアTに着替えて、メインステに噴水も上がり、一気にまた夏の雰囲気に逆戻り。相変わらず、お揃いのシューズ履いたにのあいがカワイイぜーーーーーー!!!

きっと大丈夫

Happiness

マイガール
最後、5人肩を並べて花道を歩いていく後姿が最高に幸せでした。この風景が見れる限り、やっぱり来年も見続けたいと思う。

■EC2■
果てない空

■EC3■
サクラ咲ケ
最後の最後にこの曲はキツイ・・・。でも5人に負けないようにこっちも全て出し切りましたよ!あー、ホント楽しかった!!!
最終日は、捌ける度に一言を求められる大野さん。その度に「みんな今日から30歳だー!」と叫んでました。もちろん最後も、同じ言葉で〆。
本当に暖かく最高に楽しい東京公演でした。

私は残り1公演。心して見てきます!


この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。