ホームページ制作 末期色 じゃにーず楽曲大賞2010

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃにーず楽曲大賞2010

  • 2011/01/12(水) 17:49:08

今回は〆切り1日前にギリギリで投票!

去年(も)聴いた曲はニュウス・てごます・嵐ばかりでしたが、どれも良盤名曲揃いで5位まで選出するのにとても悩みました。基本的に、アイドルにはアイドルでしか見られないような世界だったりパフォーマンスだったりを求めてるので、曲だけでなく視覚的なものも含めて選んでしまうタイプです。


■楽曲部門
1位 テゴマス 「Chu Chu Chu!」
まずタイトルといい、曲の持つこれでもかってくらいの可愛さといい、それに併せたてごますのパフォーマンスといい、これこそてごますでしか見れない世界だと全てに納得した1曲。じっくり聴かせる曲ばかりでなく、こういうファンがてごますに求める可愛さもしっかり見せてくれるところがてごますの幅広さであり、強味じゃないかと。曲も本当に飽きずに何回も聴いたし、聴くたびに自然に笑顔になったし、更にあのパフォーマンスでしょ。これほど求めたものを見せてくれる幸せってないなと心から思いました。同時にまだまだこれからてごますが見せてくれる可能性も感じたことと、何と言っても「てごにゃんハートがドッキドキ」な!wwwてごしさんのこと好きで本当に良かったと思えた意味でも、2010年の大きな1曲となったと思う。あとは、思う存分この曲を堪能するためにも、早く「あい」のDVD出してくださーい><

2位 嵐 「Troublemaker」
モンスターと最後まで迷ったけど、やっぱり無条件でアガる曲が好きなので。イントロの最初の10秒辺りでぶわーーーと世界が開けていく瞬間とかタマらなく興奮するし、能天気なだけじゃない歌詞に逆に前向きになれるっていうか、聴いてるだけで本当に気持ちが軽くなって助けられました。そして、この曲のパフォーマンスがまた秀逸過ぎた。ダンスも5人のフォーメーションも、「輝きを秘めたハートビート」からの5人の個々の動きも、最後の大宮のじゃれ合いも、こんなに幸福感を感じた曲は他になかったです。あと、個人的に名古屋ドームで初披露された時に、初めてにのみやにファンサ貰えたという理由も含めておきます。(礼)

3位 NEWS 「BE FUNKY!」
ニュウスに関しては「LIVE!」がどの曲も名曲揃いで迷いに迷いましたが、最初にアルバム全曲聴いた時にやっぱりこの曲が1番好きでライブで1番見たいなと思った曲なので。ドラマの関係でどうしてもしげさんのイメージソングみたいになってるけど(私の頭の中限定)、ニュウス6人全員で全力疾走してるような勢いを感じられるところが大好きです。「天使が」「悪魔が」の掛け合いも大好きだし、最初っから最後まで息するのも忘れるようなスピード感とか、本当に久しぶりに血圧上がるような曲でした。そして、ライブで見れたダンスも想像以上に激しく且つ可愛くて、もう何も言うことありません。ハードな曲でもしっかりニュウスらしいキラキラ感が感じられるところも推せる。

4位 テゴマス 「夜は星をながめておくれ」
Chu Chu Chu!と対極にあると言ってもいいような、こちらはじっくり聴かせるバラード曲。逆に、てごますの持ち歌がバラード曲ばかりだったらあまりピンと来なかったかもしれないけど、ハードな曲やとびきりキュートな曲の後にこういうのを聴かされると余計にグッと来ると言うか・・・、あいのアンコールでのこの曲は本当にてごますの歌のパワーをこれでもかってくらい感じさせられました。歌詞もそうだけど、2人の表現力がまた泣かせられるのよ。またてごますでこういう曲に出会えたらいいなと思います。

5位 二宮 「1992*4##111」
なんだかスイマセン・・・。こういう捻くれてるけど、不意打ちで恐ろしくカワイイことしてくれるにのみやが大好きなんです。(負け)

■PV部門 嵐 「Monster」
踊るPVが大好きなので。シングル乱発の年だったけど、ここまで作ってくれたPVが見れて満足です。
ちなみに次点は「ファイティングマン」。

■未音源化楽曲部門 こやしげ「言いたいだけ」
これしかないでしょwww完全に悪ふざけかと思ったけど、意外に曲もパフォーマンスもクオリティが高かった!さすがこやまをプロデュースする時のしげさんの本気っぷりはスゴイなと。単なる余興ではなく、今後のこやしげの可能性も感じられたので、毎回とは言わないけどてごますの対抗馬としてこやしげにも頑張ってもらいたいなと思います。
ちなみに、次点は「ビリビリダンス」(笑)

■現場部門 NEWS DOME PARTY2010 LIVE!LIVE!LIVE!
去年はてごますコンや嵐コンなど、どれも汗だくで本気で楽しかった現場ばかりでしたが、その中でも一番期待値以上だったのがニュウスコンでした。曲の構成や照明の暗さなど若干の不満はあったけど、それらにも彼らのやりたい事は伝わってきたから。何より6人の道が真ん中で一つに集まるステージがニュウスを表してるようで、未来に希望が持てたことが大きかったです。去年はドームだけだったけど今年こそ全国ツアー待ってます!その時は思いっ切り期待値上げて行くからな!!!

■自担部門 「手越祐也」
おかげさまで、今年もてごし担として頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。



☆拍手、沢山いただきありがとうございました♪


この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。