ホームページ制作 末期色 ARASHI  Beautiful World  国立9/4 ~MC&後半~

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARASHI  Beautiful World  国立9/4 ~MC&後半~

  • 2011/09/08(木) 21:52:52

余韻が覚めないうちに国立感想を書き上げておきます!

MC
かなりザックリですが、一応メモったとこだけでも。

・OPのワイヤーの話
・まさに強化合宿でやったスライダーみたいだから、翔くんも大丈夫かと思ったら、全然大丈夫じゃなかったらしいwww
・始まる前から、もの凄く緊張した顔つきになってたとか。
・その話を翔くんに聞いてるのに、なぜか全部話そうとする相葉さん(笑)
・そんな相葉さんを見かねた二宮・・・
・N「お前が100喋るなよ!!!翔ちゃんに話聞きたいんだから」
・そんな相葉さんはワイヤーではテンション上がり過ぎちゃって、飛び出すタイミングが早くて足場にガンッガンッとお尻ぶつけてたらしいですwww
・N「大丈夫かな?って思ったよ。イッちゃったんじゃないかって」・・・さすが、相葉さんの全てを見逃さないな!!

・松本さんが何か喋った後、会場から拍手。
・松本さんの発言には拍手なのに、自分の時には拍手ない・・・とちょっと拗ねる相葉。カワイイーーーー。
・急に、脱いでたジャケットを着る相葉。
・二宮と大野さんのところに移動して、A「下々の者なのにジャケット脱いじゃった」ってwww確かに3人、下々の者っぽい。

・ライブ前の楽屋で、みんなそれぞれ準備とかしてるのに、大宮の2人は何もやってないって話。
・「やってますよ」と、大野さんが例の美木さん式呼吸法を披露。
・あのおかげで2人とも腹筋が割れたということで、じゃあ見せてみろって流れに。
・みんなに見せる前に、お互いの腹筋を確認し合う大宮。
・自分の方が良さそうってことで、二宮が腹筋をお披露目することに。また、二宮の腹かよ!www
・見せる前に、「もうキャラ崩壊ですよ」とか「今日、ちょっと攻めてる色のパンツでスイマセン」とか言う二宮。腹筋より、攻めてる色に俄然期待が高まるんですけど!!(落ち着いて)
・おもむろにシャツを捲くり上げて腹筋を見せる、二宮。ぎゃああああ、二宮の腹が 割 れ て る !!!
・さすがに去年見せたキュービー腹はネタだとしても、こんなにちゃんと割れてる二宮なんて初めて。ヤダ・・・でも好き。(結局)
・で、注目の攻めてるパンツは、オレンジ色でした。腰のゴムのところが緑の水玉だったんだけど、かなり幅が広かったのでスパッツなのかそこも含めてパンツなのか謎。でも確かに攻めてるな!!!
・メンバーにシャツ持たれてお腹見せてる二宮、「完全にこれ変態ですよね!」www

・後半はそれぞれの舞台とか映画とかドラマとかの宣伝。
・フリーターのSPの放送日が決まったって話を聞いて、最終回に新入社員として出てた相葉さんが「いつ撮影日ですか?」と。
・N「あ・・・もう撮影終わりました。多分、1年の間に辞めちゃったんでしょうな」www
・それは残念。。。


では、後半は続きからどうぞ。


☆拍手、ポチポチありがとうございました♪


Rock this
ようやくアルバム曲きたよーーーーー!!!衣装も黒に着替えてメインステから登場した5人がまた強そーーーーー!!!さらに、曲に合わせてスクリーンの下から上に延々と流れる「ARASHI」の文字がまたカッコよくて震えました。本当に嵐コンは映像の使い方もカッコいいし、たまにどっち見ていいか分からなくなるから困るよね。
そして、この衣装はようやく二宮のパンツがパツパツで本来の二宮のエロさが戻ってきましたよ!!やっぱり二宮は腹ではなく尻だなって結論。

always
メンバーそれぞれにジュニアが3・4人ずつ付いて踊った記憶。私のメモにはにのあいシンメって書いてあるだけで何がなんだか・・・。

Lotus
メインステからセンステへ移動してきたところで、この曲。
上からだと逆光のライトが眩しくて非常に見辛かったんですが、二宮のしなやかな動きのところ(説明不可)はバッチリ見逃しませんでしたよ!!それと、初めてナマで聴いた二宮の高音パート「♪あーあーあーあー」には腰くだけそうでした。
あと、大サビの「ストーリー始まる」の相葉さんは、本当に絶品でタマらなかった。相葉さんが生まれる瞬間(違う)が、本当にキラキラしてたから。

Beautiful days
Hung up on (大野ソロ)
申し訳ないんですが・・・この日、ちょうど月1のモノが初日でして、ガマン出来ずにトイレに行ってしまったら、大野さんソロ見逃したあああああ・・・。自分の責任とはいえ、本当にガッカリ。残念過ぎる。
ちなみに、一緒に入った新潟娘Yちゃんも諸事情のため、ここで退場。ドームでは一緒にリベンジしたいと思います。

■どこにでもある唄。 (二宮ソロ)
という訳で、席に戻ってきたらちょうど大野さんがバクステから消えて、替わるようにメインステにギター持った二宮が登場したとこだったんですけど。ちょ、、、、、衣装がまたなんでそんなビンボーくじ引いたような感じなんですか・・・。茶系の柄の入ったちょっと長めのシャツに真っ赤なベストってことしか覚えてないけど、それだけでも十分なくらい酷いインパクトでしたよ。もうちょっと普通の衣装無かったの?ねえ・・・。
でも、この曲。ナマで聴いたら色々とくるんだろうなと思ってた通り、二宮の搾り出すような切なさと、張り詰めた声の力強さが歌詞と一体になって・・・、もうただ黙って見詰めることしか出来ませんでした。そして、歌い終わった時の表情がまた何とも言えない、いい顔してたんですよ。なんかそれ見た瞬間ぶわーーっと私の中でも熱いものが広がって、ちょっと胸が苦しくなりました。二宮ありがとう。大好き。

Attack it!
でもって、次がこの曲って!ちょっと、余韻台無しじゃないっすか!!!(笑)いや、好きだけど、せめてもうちょっと落ち着かせて欲しい。
しかも、途中まで二宮不在だから、「あーもうもう我慢の限界・・・」の二宮パートのところを翔くんが歌ってるし!だから、これは5人揃った状態で歌えってば!「笑顔にまぎれた大怪獣」は見れたけど、「上空から下界まで」の覗く二宮も見たかったぜ・・・。
つーことで、ちょっと不完全燃焼。

morning light
これはイントロ始まった時の会場の昂ぶりったらなかった。やっぱりみんな大好きだな。もちろん、私もアルバム曲の中では1・2位くらいで期待してた曲なので、あまりに興奮し過ぎて逆に記憶飛んでますが・・・。サビで腕をブンブン回し続けるところ、超楽しかったです。ドームではもう少ししっかり観たい。

~ダンス&イリュージョン~
ダンス?イリュージョン?みたいなコーナー。スクリーンに映るメンバーがいつの間にか実体化してるとか、メインステにいた松本さんが突然、OPで登場した一番上の場所に瞬間移動したりとか、よく分かんないけどすごい凝ってることやってるなって記憶。
「まだ見ぬ」への繋ぎとしては世界観がガッチリ固まってて良かったと思います。

まだ見ぬ世界へ
からのこの曲って、カッコいいーーーーー!ビリーブもそうだけど、やっぱり5人が固まって踊り出した時のカッコ良さっていうの?もう何とも言えない迫力があって、本当に震えるほど強そうだし。さらに、それを引き出すような演出の秀逸さは、完全に脱帽です。
ちなみに、私は「to the top to the top・・」からのにのちゃんの動きが大好きなんですけど。フォーメーション変わってくとこなんか、自分の役割に徹する職人のようで本当にバカみたいに好きなんですけど。広い国立でも変わらないそんなにのちゃんが見れて大満足でした。
あと、衣装はデニムジャケットに白いインナー、赤いパンツ・・・と全員お揃いっぽい感じ。個人的にカラーのパンツを穿いてる時の二宮が大好きです。(聞いてない)

a Day in Our Life
■Troublemaker

この辺でムビステが一台故障で動かなくなってしまったんだと思う。上手のムビステに二宮が乗り込んでたけど、一向に動かず・・・。仕方なく降りて花道を歩いていく二宮がちょっぴり寂しそうでグッときました。
あと、踊らないトラメなんてトラメじゃないやい><・・・と、松本担とふて腐れてたんですが、離れた場所でも2分割スクリーンを使ってハートビート(ハートマーク)を作ろうとする山2人が可愛かったです。結局、上手く出来なくて、隣に映るスクリーンの大野さんをパンチしよとする櫻井さんも。山の可愛さって安心しますね。

サクラ咲ケ

~挨拶~
言葉の端々だけメモってあるので、ニュアンス程度ですが。ちなみに松本さんのお言葉だけメモってなくて大失態・・・。

S「来てくれた皆さん、来られなくなってしまった皆さん、応援することが出来なくなってしまった皆さん」と言って空を見上げる翔くん。でも最後は「このままもっと笑っていて欲しいです」と言って微笑んでました。

O「国立も4年目・・・。これからも国立が夏の締め括りになるように。ずっと僕らのそばにいて下さい」

A「僕にとって、コンサートがビューティフルワールドです。国立では失敗もあったけど、ズボンが破けたりとか」・・・08国立初日ですよねwwwそれ目撃しましたからww
 「これからも嵐と一緒に生きていきましょう」

N「ビューティフルワールドっていうのは多分あるんだと思う。それは誰と見るとか、どうやって見ることが大事であって。皆さんも、大事な人と見て下さい。僕らもまた新しい世界を見て行きたいと思います」みたいなこと言ってました。二宮が話してる間も会場は本当に静かに聞いてて「静かに聞いてくれてありがとうございます」と、二宮も言ってた。

相葉の挨拶が終わって二宮と交代する時に、すれ違いながら手を握るにのあい。今回はその時間がちょっと長く感じたのは気のせいじゃないですよね。


果てない空
センステで5人並んで歌い出す姿は、それだけで何か今までにない説得力を感じました。5人の挨拶の後だからかな。会場だけじゃなく、ここに来られなかった人達にも歌ってるような・・・そんな風に感じた曲。

遠くまで
そして、この曲も。途中で、メンバーが歌いながら天を指差した時、空には月が浮かんでて。その空は本当に美しくて。去年までと色々変わってしまったのかもしれないけど、今年もこうして彼らと同じ景色が見れたこと、本当に幸せなことだと思います。
最後は国立恒例の花火も打ち上がって、本当にキレイだったし、今年も最高のお祭りでした。


「EC1」
感謝カンゲキ雨嵐
全員、ツアTにお着替え。二宮がチェック柄のサルエルっぽいハーフパンツ穿いてて、これがまためちゃめちゃ可愛いかったー!二宮のバブバブっぷり再び!!・・・と一人で大興奮。

夏の名前
懐かしいーーーー。ただ、ムビステが壊れっ放しなので、多分ムビステ使って外周移動する予定だったところを、ひたすら花道を徒歩で移動してたんだと思う。

ファイトソング
バックステに集まって恒例のじゃんけん。今回の罰ゲームは何かと思ったら、負けた2人は聖火台下まで階段で移動wwwそれは き つ い wwwで、負けたのは松本さんと翔くん。「これはキツいぞ」と言いながらも上まで登ってましたよ。何年経っても嵐ってカワイイな。

Love so sweet
One Love
この辺でまたちょっと小雨・・・。
でも、1回目のアンコールが終わる頃にはもう止んでました。

「EC2]
2回目のアンコールで登場した時だったかな。松本さんが「もっとやりたいのー?」みたいに煽った後、ちょっとキザっぽく「これからもみんなの愛を欲していくぜ!」みたいなこと言って、それ聞いた二宮が隣りの相葉をポンって叩きながら一緒に笑ってるとか、そんなにのあいの光景にわたくし絶叫だったんですけど。しかも、ちょうどそこで松本さんが「な、カズ!」と急に二宮に振るもんだから、二宮さん超不意打ち。その時の、慌てて松本の方を振り返った二宮の顔は一生忘れません(笑)

五里霧中
ああああ、やっぱり国立で聴くこの曲は楽しいーーーーーーー!!!もう雨も降ってなかったけど、今年ほど「本日は晴天ナリ」がシュールに聴こえる年はなかったね!!

5x10
「少し前の曲だけど・・・」とちょっと前置きしてから。
あんなに大暴れした後だけど、やっぱりこの曲聴くと色々とじーんとくるのですよ。10周年で聴いた時とはまた違って感慨深かったなー。


本当に今年も素晴らしい空間と時間をありがとうございました。次は年明け、心して待ってます!!!

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。