ホームページ制作 末期色 PLAYZONE→NISSEY ~天使も悪魔もくびったけ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PLAYZONE→NISSEY ~天使も悪魔もくびったけ

  • 2014/02/03(月) 14:24:30

どうも、年明けのプレゾンも終り、もう2月だというのにまだプレゾンロスのいっけです。

すっかり放置していたここですが、久しぶりに自分の記憶を書き留めたい!吐き出したい!と思いやってきました。終演後に抑え切れない感情をお友達に受け止めてもらったはずなのに、まだまだアウトプットし足りないなんて・・・そんな現場久しぶりだよー。プレゾン→NISSEYおそるべし!!!(震)

ちなみに、わたくし2014年も元気に顕嵐担です。どうぞよろしく。


では、1/18(昼)・1/25(夜)・1/26(昼・夜)入ったので、全てごちゃ混ぜのざっくりした感想を。
中でも最後に最前というチビりそうなチケットが来たので、そこで観た感想がほとんどになってます。

You & Me & Who?
夏のLTPの代わりにこの曲から始まる冬のプレゾン。一気にぶあーって上がる曲ではないけど、ユニごとフロアのあちこちに順番に登場し、最後は全員ステージに一列に勢揃いする姿は圧巻そのものでした。目の前で横一列で踊るプレゾンカンパニーなんて、まさにリアルイケメンパラダイス!!
あらんくんはステージ最上手なので私の席からは残念ながら離れてたけど、その分目の前に迫りくるコタさん!コタさん!コタさんんんん!!!(プレゾン私のリア恋枠)
もう一曲目から、助けてーーーーー押し倒されるーーーーーと心の中で絶叫でしたよ・・・(ヨロヨロ)

ちなみに、フロアからステージに上がる時、みんな階段を使わないんだけど、あらんくんがスタっとステージに飛び乗るとことか超カッコ良くて惚れるしかなかったです。若いって素晴らしい。
あと、うみんちゅが一回でステージに上がれなくてもう一度よっこいしょって上がってるのも見逃しませんでしたよ(笑)そんなうみんちゅも可愛くて目が離せない。

ケジメなさい
日生では客席登場はなくなりました。どの席でも楽しめるようになって良いことです。
あらんくんのサビ終わりのところのダンス、相変わらず手の平の角度がペンギンっぽくてホントに可愛いの。雰囲気とか体つきは夏よりグッと大人っぽくなってきたのに、あらんくんっぽいダンスはそのままでちょっと安心したなーって。なんせ、あのダンスに惚れてあらん担になったので。

ハッとして!Good
セーラーカラーのコタさんに惚れるしかない曲。

100%…SOかもね!
こちらも夏同様に黄色のあみあみ衣装です。
あらんくんの「ラブモーション!」が相変わらず突き刺さるようで、でも前よりちょっとしなやかになったようで・・・、どっちにしても観るたびに悲鳴でした。
あと、ステージに腰掛けて歌った後、後ろに下がる時の側転は、夏と比べて全く進化してなかったwwwあのクオリティでも毎回やり切るあらんくんのそういうところ大好きだよ。

LOVE YOU ONLY
あらんくんいないから落ち着いて林見ようと思ったら、うみんちゅから目が離せなかった。

どうなってもいい〜It’s BAD
今度こそ林を!と思ったら、辰己先輩のエロさから目が離せなかった。辰巳せんぱい、衣装着てるんですか?裸ですか?ってくらい全身から漂うエロスに鼻血出そうでした・・・。
でも、It'sBADの林は絶品。

愛・革命
この衣装になるとあらんくんのお尻しか見れなくて困った。あの、お尻のストンとしたラインがタマらなく好きなんですよー。スーツの着こなしもますますキマるようになってて、16歳の成長の恐ろしさに本当に震える。
最後の一列に並ぶところは、夏と位置が変わっていたのでタイミング取るのが難しそうだったけど、あの一生懸命カウント取るようにしゃがんで立ち上がって手叩いて・・・っていう一連のあらんくんが好きです。

まいったネ 今夜
曲の後に小芝居が追加されました。
こういう時のふぉ~ゆ~さんの芸達者ぶりが羨ましい。

STAR LIGHT
夏よりだいぶローラースケートに不安を感じなくなったけど、まだちょっと漂うヨチヨチ感がほんとカワイイよね!

パラダイス銀河
これも夏同様に、台を押したり回したりするあらんくんが仔犬か!ってくらいの可愛さで泣ける。(涙)特に、台を後ろに下げる時、ピョコピョコ跳ねるような動きのあらんくんがもーーーーーーーーー本当にカワイイ!天使!!
辰己先輩と見詰め合ったり微笑合ったりするあらんくんとか、もうまさに天使降臨かと思うほどのメルヘンでした。
あと、ダンス部分ではターンする時に必ず手の平の角度がペンギンっぽく・・・(以下同文)

What’s your name?
今回のプレゾン。この曲にチケ代半分の価値あり!(きっぱり)
メインの3人に続いてユニごとダンスしながら増えていく演出といい、そのダンスの激しさといい、もう1幕の記憶全て上書きするくらいの破壊力でした。
でもって、あらんくんがこれまた私のチケ代全部あげたいくらいの破壊力!!!
本当に飛んでっちゃうんじゃないかってほど激しく踊るのに、時々顔とか触れるような手の仕草はゾクゾクするくらい色っぽくて・・・、激しさの中に見せるしなやかさっていうの?もう観てるだけでこっちが壊れちゃうようなあらんくんに、完全に負けました。降参・・・(白旗)さっきまで辰己の仔犬と化してたのに、なにこのギャップ!ずるい!><
しかも、最後のフリーダンスの部分、毎回これでもかってくらい踊り狂うあらんくんなんですけど・・・。基本、側転→手を着いて片足上げ→片足上げ→両足上げ・・・みたいな動きに更に違う技がプラスされたりして、誰よりも動きが忙しいあらんくんwwでも、ドタバタしながら最後のキメポーズはしっかりとキメて終わるあらんくんが本当に面白・・・いや、カッコ良くて大好きでした。
最後、全員ステージに突っ伏すように終わるところは、全員の気迫がもの凄くって鳥肌もんでしたよ。特に辰己先輩な。


情熱の一夜
あらんくんの、足を水平に上げるところと、手を顔の横でクルクルさせるところが私的ポイント。手をクルクルさせるところがいつも猫手になっちゃっててすっごい可愛かったんだけど、みゅうと担のお友達に言ったら「(みゅうとさんは)そんな手してない」と言ってたので、多分そんな可愛いことになってるのは、あらんくんだけなんだと思いますw

HONEY BEAT
林が可愛くて可愛くて。

ズッコケ男道
あらんくんとたくさん触れ合えて幸せだった記憶しかない。もうどうなってもいい・・・。

プレゾン学園
・学校を設定としたコントコーナー。
・イケメンばかりの進学校「プレゾン学園」にゆうまくんが転校生としてやってくる。→生き別れの兄、福ちゃんと再会。→学園のトップ、「レッツ&ゴー」と「スーとパイ」の4人と、その他の生徒でクイズ対決。・・・という何が何だか、でも可愛い子達がワチャワチャしてるだけで正義だと思わされるコーナー。
・先生は安定の林先生。
・黒板係りは、あらんちゅ。毎回、黒板を引っ張ってきたり、片付けたりする役。ありがとうございます。
・トラジャは緑のスエット上下に学ラン羽織ってたけど、そんな衣装でもカッコいいから困るよね。
・ゆうまくんが登場すると、辰巳先輩が「よろしキュー」と数字の9のポーズ。それに続いて、うみんちゅとあらんくんも同じポーズで「たっきゅー(卓球)」とか「チョロきゅー」とかやってました。いつも、うみんちゅが発動するまで微妙に間が空く。あの間はうみんちゅしか出せない。
・ちなみに、3人で腕をぶらぶらさせながら「だっきゅー(脱臼)」ってやった時の、あらんくんの脱臼のクオリティが本当に腕外れてるんじゃないかってくらい凄かったですww
・出席とった後、福ちゃんが客席弄りしながら遅刻してくるくだり。
・福ちゃんが遅刻してきた理由のオチが夢だったってところで、みんな一斉にコケる時、一番ゆっくりとみゅうとさんのお腹のところに頭乗っけて倒れるあらんくんが超かわいかったです。
・その後、みゅうとさんに嫌そうにどけられるとことか、謝ってるとことか。
・みゅうとさんいない時は、ヒロキのところに同じように倒れてた。ホント、可愛い。
・ちなみに、このコーナーの前のズッコケで、ようやくあらんくんにファン認識されたせいか、じたんとやたら目が合うようになりました・・・。
・あらんくん見ていると目が合う→気まずいので辰己先輩を見る→またあらんくん見る→目が合う(赤面)・・・のくり返しでって、もうなにこのプレイ!!!こんなの完全に、教室でふざけ合ってる男子の中の好きな人を見つめてる設定でしかないし、あらんくん好きなこと気付かれちゃったらどうしよーーー
・という訳で、私の妄想癖が暴走してしまい、速攻でファンレ書いてあらんくんの靴箱に入れて帰りたい気分になりました・・・(病)
・そんなこんなでボーっとしてるうちに、ゆまくんとザキさん以外みんな一旦捌け。
・捌ける時、アカペラで歌いながら去る林先生が超美声で我に返る。ありがとう林。
・ゆまくんと福ちゃん、無事和解。教室にみんな戻ってくる時、しめちゃんにおんぶされたり、しめちゃんをおんぶしたりして出てくるあらんくん。しめあらのかわいさったらないな!
・再会の後、学園のレッツ(やまりょ)&ゴー(江田)に辰己先輩がいじめられて帰ってくるくだり。
・この辺で、福ちゃんにしずやがもみくちゃにされたり、25日はキスされたりしてました。オーマイガッ!
・私は逆に受けではなく攻めのしずやが見たかった。
・されるがままのしずやを見て、あらんくん大うけwww完全に素で大笑いしてるあらんくんが可愛くって・・・。
・レッツ&ゴーの後、スパイだったスー(池田くん)とパイ(コタさん)がポーズして登場するとこが無駄にカッコよかった。特にコタさん。(ラブ)
・4人とその他で常識クイズ対決。
・クイズの司会者は、ヒロキ・みゅうと・のえる、の3人でランダム。とりあえず全員見れました。千秋楽だけしめちゃんだったらしい。
・ヒロキの司会が抜群すぎる件。世界はもっとヒロキを認めるべき だ!
・時々天然な司会っぷりのみゅうとさん。司会者なのに自分が手を挙げちゃったりとか、「なんでお前が手挙げるんだよ!」とツッコまれて「なんで俺手挙げたんだろう」とか反省しちゃうみゅうとさんとか、あんなカッコいいのに時々天然でカワイイとか愛されキャラにもほどがある。羨ましい。
・一番まじめっぽいのがのえるさんだったけど、自分のことを「のんのん」呼びしてるとか、のえるさんの意外な一面が見れてびっくりでした。のんのんww
・「常識クイズ」は、「クリスマスプレゼントを持ってくるのは誰?」とか、「電話の110番でやってくるのは?」など、本当の常識問題ばかりだけど、普通に答えずボケるというのがお約束。
・ちなみに「クリスマスプレゼント」の問題の時、あらんくんの回答が「キティちゃん」。
・あらんくんのお口から「キティちゃん」って発せられた瞬間、日生が一気にピューロランドになりました。(まがお)
・あのあらんくんの「キティちゃん」の威力、今でも身体に堪えてる・・・。
・あと25日夜、どういう流れか忘れたけど、「カレーパンマン」だと言われるあらんくん。そのまま、先輩方から「百獣のカレーパンマンやって」とか「110円のカレーパンマンやって」とか、どんどんムチャぶりされ困りながらもステージの真ん中に出てきたあらんくん。
・もう、何をやるのか見てるこっちがドッキドキですよ・・・。
・結局、あらんくんっぽい動きをしながら「105円のカレーパンマン!」・・・と、やり切ったあらんくん。全くカレーパンマン要素ないしwww
・多分、スベってたと思うんですけど(記憶がない)・・・全く動じずに清清しい顔で戻るあらんくんの鉄の心臓っぷりに改めて惚れ直したよね。じたんのこういう時の度胸の強さっていうか、マイペースっぷりというか、思った以上に動じないところ、本当に好きだよ。
・このクイズコーナー、本当に面白かったんだけど、全然メモれなかったのが悔やまれる。
・しめちゃんの回答が、しめちゃんワールド過ぎたこととか。
・なんだかんだで、みんな仲良くなって終わり。黒板片付けながら捌けて行くあらんちゅでした。


よく遊びよく学べ
これ踊るあらんくんが見たかったなー。千秋楽入りたかったなー。

フラワー
初めて林とタッチ。とてもジェントルマンだった。好き。(告白)

お祭り忍者
やっぱり何度観ても、紐につながれてぐるぐる回るあらんくんを飼いたくなって困る。とにかく、紐とか和装とか大好きな私には、これ以上のサービス演出はないなと。
しかも、最後にステージ際で一列になってサビの部分を踊る演出が加わってたんですけど、あらんくんがまさにゼロズレで!!目の前で、あらんくんのカメハメ波とか蹴り上げとか首のホクロとか滴る汗とか、もう見たかったあらんくんの全て見れたので思い残すことはないっす。

想 SOH
去年の星スパの衣装で出てきます。この時も途中からあらんくんが近かったんですけど、近いほど変なところを見てしまう私の悪い癖が出てしまい・・・、気付いたら青いスーツの股間ばかり見てしまってました。(退場)
本当に申し訳ない・・・。
でも、横を向いてる時のあらんくんの表情が、もう非の打ち所がないほどの 美・少年!!だったし、歌ってる時の表情も今のあらんくんしか出せない初々しさと色っぽさが混ざってて、このままずっと見ていたいと思わされました。こかんじゃなくて、あらんくんな。

パーティーが終わっても
3段のマンションぽくなってるセットのあちこちに散らばりながら登場。
あらんくんは、2段目下手に福ちゃんと屋良くんと3人部屋。あらんくんは、斜めのスロープのところに寝ころんだり、2人と一緒にリズム取ったりしてました。
福ちゃんがふざけてリズム取らせたり、屋良くんに片足持たれてなかなか離してもらえなかったり、されるがままのあらんくん。毎回どんな風にあらんくんが弄られるのか楽しみな部分でもあり、先輩方の弄りにどうしていいか戸惑うあらんくんにこっちがドキドキでした。じたんが先輩に構ってもらえるのは嬉しいことです。
その後、スッと真顔になって隣の部屋に移動して行くあらんくんとか大好きだったし、ステージに下りてきてトラジャで踊り出す瞬間とか全身震えるほどカッコ良かったし、本当にこのパーティーが永遠に続けばいいのにーと毎回切なくなる一曲でした。


パーティーで淋しくなった気持ちを吹き飛ばすように、カーテンコールで少し見せてくれたGUYS。
またたっぷり観れるのは夏かな・・・。


【総括】
今回、あらんちゅ不在の日もあり、本当に幕が上がるまでじたんがいるのかいないのか、ハラハラドキドキのプレゾンでしたけど、ありがたいことに入った公演は全て全員揃ったステージを観ることができました。
こんな演者の人数が決まってる舞台なのに、不在とかありえないよね・・・。
でもその分今まで以上に、ステージに立つあらんくんを観れた時の喜びが大きくて、一公演一公演大事に観させてもらいました。
夏と比べて、少し体も雰囲気も大人っぽくなったあらんくんだったけど、あらんくんらしいところは変わらず、本当に好きで良かったなーと思わされるところも変わらず、ますます好きになって帰ってきました。
そう思わせてくれるあらんくんには感謝しかないし、これからもそんなあらんくんでいて欲しいなと思います。
ってちょっと重くてキモチワルイな・・・。

とにかく、2014年のあらんくんも絶好調超でありますよーに。夏まで待てないから、たくさんお仕事してねー!


この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。