ホームページ制作 末期色 ジャニーズ銀座 2014 セクボクリエ4/29・5/30 ~戦国時代を生き残れ!

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャニーズ銀座 2014 セクボクリエ4/29・5/30 ~戦国時代を生き残れ!

  • 2014/06/04(水) 11:24:02

改めまして、セクボクリエ全8公演お疲れ様でした!

今年のクリエの発表が3月後半。その時の衝撃といったら間違いなく今年のベスト3に入るくらい・・・じたんがボーカル!!の衝撃に並ぶほどだったと思います。
まず、今年のクリエで再びトラジュ5人が揃うことが叶わなかったこと。今年はじたんの名前が載らないのか・・・と思ったら、まさかのセクボ公演に名前が載っていたこと。
もう何がなんだか分からず、じたんがセクボってええええええ!!!!!と同時に公演数(去年のトラジュ比)の多さに白目になった思い出です。
トラジュに未練がないかといったら嘘になるけど、それでも今のジュニアの最前線を走ってる4人と同じ看板背負ってステージに立つあらんくんの姿には期待しか無かったし、あらちか揃ってることもあらちか厨の私には救いだったし、何よりじたんが今年のクリエのトップバッターを切らせてもらうってことが誇りでもありました。
まあ、クリエなんて一年に一度見る幻のようなもので、来年ステージに立てるかどうかも分からないのがクリエなんだけど、だからこそ一生脳ミソに焼き付くくらいのものを見せてもらいたいなって期待も大きいし、誰と一緒であろうと目が潰れるくらい眩しく輝いて欲しいな・・・と。

そんな気持ちで臨んだ私のクリエ2014です。

自分でもじたんへの気持ちが重すぎて気持ち悪いですが、今年のクリエも本当に楽しくて幸せで、間違いなく今年上半期一番の記憶に残る現場になりました。そして、今回ご一緒させてもらえた大好きなお友達と、当券を見事に引き当てた自分の強運に感謝!クリエでチケ運使い果たしたなら後悔はないぜーーーー

ということで、相変わらず前置きが長くなりましたので、続きにさくっと本編の感想を。
4/29昼夜、5/30の3公演に入りましたが、5/30に前半の記憶はまるっと上書きされてしまったので、ほぼオーラスの記憶です。

■ $10
OP。ステージの幕に5人並んだシルエットが映し出された瞬間、カッコ良すぎて悲鳴・・・。さらに、オーラスでは挙げた手の指でキツネを作って影絵のように遊んでる5人の可愛さにまた悲鳴。このOPのシルエットの演出、5人が震えるほどカッコ良くて強そうで大好きでした。
そして、幕が上がったら始まる$10って・・・こ ろ す 気 か !!! おかげで最初から色々と振り切れてしまい、毎回あらんくんのお顔の記憶しか残らなかった自分が残念です。もっと5人のフォーメーションとかダンスとかちゃんと見たかったなあ・・・。
ちなみに、あらんくんは紫のジャケット。欲を言えば、もうちょっとヒラヒラした衣装の方が良かったです。

■ BIRTH
一緒に入ったお友達にも言われたけど、あらんくん自分のうちわ見てニヤニヤしすぎな!
とは言え、私も顕嵐うちわを持ってる身なので、うちわ見る→ふっと視線逸らせてニヤリ→再びチラ見・・・という一連のじたんの行動に何度も倒れそうで・・・。2曲目というのに既に心身ともにぼろぼろにされました。じたんの視線の破壊力おそろしい・・・。
てか、あの全身から駄々漏れてるあれ何なの?(まがお)

■空のスクリーン
サビでスカーフくるくる回すところで、いつもテンション上がっちゃうあらんくん。くるくる回わさずブンブン振りまくってるあらんくんが楽しそうで涙出ました。あれはもはやただの天使や・・・(涙)

■セクゾメドレー
とにかくドゥバイの時、みんなにギューってくっつかれて><な顔になっちゃってるあらんくんが可愛くて可愛くて。他の記憶飛んだよね・・・。
あと、記憶に残ってるといえば、リアセクの「探~さないか~」のとこで一生懸命探してるまなやんが可愛かったことと、「せくしーぼーい!」コールの出だし「せくしーぞーん!」って言っちゃって一人テヘペロしてたあらんくんが超絶可愛かったことです。

■Shelter(宮近ソロ)
宮近せんせいは本当にこの曲がお好きですね。でも、私もこの曲の宮近せんせいのテクニシャンっぷりが大好きです。

■らいおんハート
岸くんソロかと思ったら、あらんくんがスッと出てきてコーラス&ダンス。相変わらずターンが上手で惚れ惚れするわー。
それにコーラスも上手いよー。ボーカル役だと聞いた時にはじたんの未知の歌唱力に心がざわついたものですが、あの不安定な声質からは想像できないほど、逆になんで今まで隠してたの!?(隠してはないです)ってくらいお歌が上手で本当に安心しました。
あのあらんくんが更にお歌まで上手なんてズルイよね・・・。
ちなみに、この曲で5人とも衣装替え。あらんくんは白地に黄色メインの上下。ジャケットの裏地が黒地に白の水玉でチラチラさせる度にカワイイです。インナーは黄色のタンクトップ。

■星屑のスパンコール
プレゾーーーーーーン・・・(泣)
と、今年のプレゾン事情を思い出して泣かずにはいられない選曲。この曲を踊るあらんくんはもう二度と見られないんじゃないかと思うと、胸が締め付けられる思いでした。

■抱いてセニョリータ(顕嵐くんソロ)
そんな感傷に浸ってる間もなく、やってくるじたんソロ。しかもこの曲。(察して)
じたんのソロ曲がこれだと聞いた時には、結局じたんもぴぃたんかよ・・・と思ったものですが、実際見たら過去の色んなことぜーんぶ書き換えてくれるくらい、あらんくんが本当にすごくて。
ぴぃ担時代に擦り切れるほど見た抱セニョなのに、逆に新鮮に見えるほどのあらんくんのパフォーマンスでした。
とにかくじたんがエロい・・・。狙ってる訳でもない・・・ていうか、狙ってるとしてもいやらしく感じさせないエロさと艶っぽさ。ジャケットヒラヒラさせてノースリの生肌をチラ見せさせたかと思ったら、ステージ際ギリギリのところにしゃがんで子供っぽい顔したり、と思ったらまたセンターで腰ぐいぐい回したり・・・ってもうどうすりゃいいのさ私。(白旗)
ぴぃたんの抱セニョより幼く見えるかと思ったけど、とんでもない。あると様以降、急激に覚醒されたあらんくんの放つオーラは、年齢とか性別すら感じさせないほどの色気と妖艶さで想像絶するほどの吸引力でした。
オーラスは0ズレで見させてもらったおかげで、あともう少しで号泣しそうになっちゃったもんね・・・。泣かなかったものの、腰抜けたかと思うくらいフラフラでしたよ。本当にあらんくん、怖ろしい子・・・。(白目)

■LOVE YOU ONLY(Jr.)
じたんの余韻で記憶ない・・・。

ハルカナ約束(Jr.)
ようやく正気に・・・と思ったらまなやんがカッコよくて可愛くて大変。
最後の、静止した時のポーズとかカッコ良すぎて、悲鳴上げてしまったぜ・・・。(大人しっかり)

Love yourself(Jr.)
Don't Stop SexyBoyz
■With you

この辺、本当に記憶が曖昧・・・。ドンセクとウィズユーは、右目でまなやん左目でじたんを見てた感じ。どっちも見たいっていうジレンマ。

(MC)

フラワー
当日券で入った回はたまたま通路横だったので、じたんとふれ合うことができました。また一回り大きくなったようなあらんくんの手の平にドキドキした記憶・・・。

愛のかたまり(神宮寺ソロ)
黒髪に戻したじんぐーじさんがイケメンすぎてツライ・・・。

ひらひら(神宮寺・岩橋)
黒髪のじんぐーじさんが・・・(以下同文)

夏のかけら(岩橋ソロ)
噂のダッフィーなんですけど、これはもうダッフィー持ってるまなやんに全部もってかれました。私が。
もう出てきた瞬間クリエが天上界になったよね・・・(正気)
ダッフィー持ってふわふわしてるまなやんとか、ダッフィーの手で間接お手振りするまなやんとか、ダッフィーの耳をちょっとはむってするまなやんとか、岩橋の投球を見て「すごーい!」って思わずつぶやいちゃうまなやんとか、もうね本当にカワイイの!!!
なのに途中のムーンウォークみたいな移動とかちょおおおおおカッコいいとか、本当にどうなってんのさ!!ダッフィーも似合うのに踊るとクールな中学2年生まなやん。今後もかなり前のめりで見守って行きたい存在です。

ぶつかっちゃうよ
まなやんにデレデレになってた直後にこれって。大人ヘトヘトなんですけどー。
毎回わちゃわちゃ楽しそうな5人が本当に可愛くて平和。お約束の一言、オーラスのあらんくんは
「好きだ、ばーーーーーか!!!」
でした。「ばーか!」の部分がかなり強めなんですけど、そこは「好きだ」の方を強めでお願いしたかった・・・。
ちなみに、宮近せんせいの一言は、「レディゴーーー!」www
やっぱり笑っちゃってるあらんくんが可愛くて可愛くて、宮近せんせいありがとうございました!

(コントコーナー)

LuvSick
コントが終わったと思ったら、宮近せんせいの

「課外授業を始めよう」

の一言から始まるこの曲。この宮近せんせいの一言にぶわあああああって鳥肌立ったし、こんなカッコいい流れってないよね!本当にタマらん!!!
でもって、この曲のパフォーマンスとそれまでのコントとのギャップったら、一気にトップギア入れたような5人にもう付いていくのがやっとでした。それぞれ絡むことなく個々が自分の持ってるエネルギーを全て出してくる・・・そんなパフォーマンスに震えるしかなくて。こういうパフォーマンスが見られる、これこそこの5人が同じステージに立った意味じゃないかと勝手に思ってます。

■To be,or not to be(宮近・顕嵐)
あらちかあああああああ・・・(号泣)
これはもう、カッコいいだとか凄いだとか私の陳腐な言葉では表現しちゃいけないほど、凄いカッコよかったです(結局)
いや冗談抜きに、向かい合って胸元掴み合うあらちかとか、そんなの見せられて正気でいられるわけないじゃん?
ニコリともせず激しく踊る2人の姿に、周りの歓声も聞こえなくなるくらいただただ引き込まれるのみでした。
とにかくあらんくんの本気のダンスが凄まじいくらいのオーラで、呼吸するのも忘れたよ・・・。
この人好きになって良かった・・・と、この日何度も思ったことをここでも改めて思いました。

(岸ソロ)
踊るソロ曲が見られなかったのは残念だけど、この曲の岸くんの歌声とてもステキだったよー。

Dial up
全員、赤衣装に揃えたところでこの曲。
この曲もちょおおおカッコいいね!基本的にあらんくんロックオンでしか見れてないので、少クラで披露されたら改めてしっかり見たいです。

BAD BOYS
曲が始まると、インナーの赤いフードを被るあらんくんがカッコいいんだか可愛いんだか。
途中から通路のお立ち台に移動してしまうので、ステージに残ってるまなやんを見てたんですけど、まなやんの「ばっぼーい!」が思わぬカッコ良さだったり、あと手を付かない側転みたいな技(名前がわからない)をいきなり繰り出すまなやんに思わず悲鳴上げてしまいました。大人しっかり・・・(2回目)
ちなみに29日に見た時は、オラオラしてるセクボ兄さん達の後ろでちょっと微笑みながらフワフワしてるまなやんが単なるクリオネだったことも報告しておきます。

硝子の少年
この曲を踊る少年が本当に好き。イントロで糸巻きのように腕をぐるぐるさせるところ、横向いて真剣にやってるあらんくんがとっても可愛かったです。
サビはオリジナル通りだったので、これ踊るあらんくんが見られて本当に良かったー。

PRECIOUS ONE
どこでどうだったか覚えてないけど、あらんくんが過去最高にキラキラ笑顔を見せてくれた思い出。

EC1
1. 勇気100%
2. ラブ・スパイラル

EC2
3.スキすぎて
幕が上がると、ステージにはキスマイみたいに横になって重なり合ってる5人。カワイイ・・・。
サビのところで、指を高速回転させてるあらちか。前に立ってるジュニアにカンチョーしまくるまなやんw
どっちもテンション上がってて可愛いな!

EC3
4.With you
今度は幕が上がると、ステージに腹這いになって立て肘付いて並んでニコニコしてる5人。可愛い以外のなにものでもないな!
この曲の途中、テンション上がり過ぎたのか、突然客席に降りて通路をダッシュしていくあらんくんにビックリしたのと同時に、じたんからもの凄い生命力を感じて鳥肌立ちました。
それを見て、俺たちも行く?どうする?って感じになってる宮近せんせいも可愛かったですw
じたんが後ろに消えてしまったので、再びまなやんに夢中になってたらまなやんから魔法掛けてもらえたよ~(笑)まなやん、本当に出来る子だわー。

最後、幕が降りるギリギリまでしゃがんで手を振ってるあらんくんと、その隣にまなやん。
最後まで本当に楽しかった!ありがとうございました!!


最初はこの5人でのセクボという括りに戸惑いもあったんです。じたんだけセクボラインからしばらく外れてたり、現場も一年近く他の4人と離れてたり・・・、5人で作るステージといってもまとまらないんじゃないかって。
実際クリエを見て、確かにこの5人で1つのグループだ!という感覚は感じなかったけど、5人揃った時のオーラっていうの?その無敵さはここ最近感じたことがないくらいのものでした。
それは、いい意味で馴れ合いのない5人だからか・・・、個々が互いに遠慮なく自分を魅せてくるパワーが凄くて、誰がセンターに立とうと文句言わせない・・・そんな気迫さえ感じました。
戦国時代と称される今の時代のジュニア。そのトップバッターを務めさせてもらうには、相応しい5人だったんじゃないかと思います。
今回は同じ看板背負って立った5人だけど、決してそこに固執しないドライさを感じるところもカッコいい。クリエ終わったらまた個々に戦場出て行くような。また一年後、生き残ってろよ・・・みたいな。

まあ、一番心配なのは平和の象徴のようなじたんなんですけど・・・。今回のクリエでも受け止め切れないほどの輝きとカッコよさと色っぽさを振りまいていたので、またこれからも来年も輝き続けて欲しいなと思います。

あらんくん、さいこー!

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。