ホームページ制作 末期色 0826まちマス

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0826まちマス

  • 2007/08/30(木) 15:50:24

まちます感想終わったー!

読んでてちょっと苦痛になるほど、長いです・・・。
それでも、まちマスの素晴らしさを伝えるには書き足りないくらいなんですが、けーちゃんNEWSの手越さんについても書きたいことだらけなので、ほどほどでやめておきます。
まあ、テキトーに読み飛ばして下さい。

その前に、
■しげ猫
うわー、てごます楽屋情報を提供してくれて、ありがとうしげ。
対照的というか、どちらも特殊過ぎる様子が、てごますヲタにはタマりません。
手越さん・・・桃鉄?
一人でもうるさそうだなー(苦笑)

では、
■まちマス 0826#2#3
一ヶ月前、テゴラジだったステージが、見るからにまっすーらしい可愛い楽屋になってました。
2人とも同じ舞台で、同じ上演時間なので、どうしても比べてしまうところもあるんですが、どちらが好きと言うよりも、どちらもそれぞれの個性と魅力で作られた舞台だったと思います。
だから、彼らを知ってもらうにはとてもいい機会であり、彼らのファンにとってはとても幸せな時間だったんじゃないかな。
もちろん、ワタシはどちらも大満足・・・つか、萌えしんだ・・・。
真っ直ぐでハイテンションなてごにゃまんまの「テゴラジ」に対し、
まっすー独特のペースと空気、そして会場の隅々まで癒しパワーに溢れた「まちマス」。
とにかく、舞台上のまっすーがカワイイんだって!!!
もう、開演5分も経たないうちに会場のアチコチから「カワイイ、カワイイ」って声が飛び交ってましたし、リアルやまたろのようにまっすーが視線を送る方向の人々はバタバタと倒れてるんじゃないかと思うほど、会場中がまっすーに萌え苦しんでおりました。
ホント、大袈裟じゃなくてよ。
とにかく、プロのアイドルと評判のまっすーですから、キュートな魅せ方は完璧で、
しかも、どれもワザとらしくなく、嫌味っぽくないんですよねー。
もし、てごにゃがぬいぐるみ抱っこなんてしてたら、相方に何て言われるか・・・。
ぬいぐるみが普通に似合ってしまうのも、まっすーのキャラですね。
楽屋に並べられた私服、小物類、ぶーたん・・・それらも全てまっすーテイストで、舞台全体をカワイイ空間に仕立ててました。
私服の中には、TU-YUの衣装や、Sのマークの青いTシャツ、かぼちゃ柄のパンツもね。(苦笑)
そして、もちろん可愛いだけじゃなく、所々で見せるSっぽさや、キレイ好きな部分や、いちいち前髪を気にする神経質っぽいところなど・・・裏まっすー的な部分がチラりと見えるほど、タマらないのです。
あと、手の甲の血管とか、本当にタマらないから・・・。
隣りのナースYちゃんなんて、「あの血管に注射器刺したいー!」なんて萌えてて大変でしたよ。

舞台の基本的な流れはテゴラジと似てましたけど、まっすーは何と言っても「ぶーたん」がポイントです!
「ぶーたん」とは、まっすーお気に入りのピンクのブタのぬいぐるみで、これが突然喋り出してまっすーを楽屋に閉じ込めてしまうという設定なんですが、まっすーのボケに突っ込んだり、時にはドSだったり、逆にまっすーに責められたり・・・と、まっすーとの掛け合いが面白くて、ワンマンショーなのに2人芝居を見ているような感じにさせます。
後半のちょっとしんみりした部分でも、まっすー自身が淡々と語っていくのではなく、「ぶーたん」との掛け合いという形がとてもまっすーらしく効果的に使われてたと思います。
Jr時代の悔しかった事を思い出させるように問い掛ける「ぶーたん」と、
優しい口調で「ぶーたん」の問い掛けに答えていくまっすー。
そして、「ぶーたん」は誰かが乗り移った訳でなく、まっすー自身の声だったということが分かることで、余計に「ぶーたん」の言葉が心に沁みて泣けるんですよー。
もう、ホロリどころか、号泣です 号 泣 。 
yayayahが出てきた頃、そのバックに付いて踊るまっすーの姿や、
Jrコンでも、自分より後輩がメインで歌う中、まっすーは外周で今と変わらない笑顔で踊ってたり・・・そんなことが思い出されちゃったんですよね。
しかも、その後の「夢の数だけ愛が生まれる」がヤバイ・・・。
歌いながらまっすーが近くに来ても、涙で霞んで見えないよ!
客席のあちこちからすすり泣く声が聞こえてる中、そんな客席に優しい視線を送りながら歌うまっすーが天使のようでした。(病)
ますたん、天使。
でも、もし「ブタでもないのにブーブー言ってんじゃないよ!」の台詞を考えたのが、そんな天使のますたんだったら・・・と思うと、またドキドキなのです。
裏ますたん、タマんね。

最後、拍手が鳴り止まない中、アンコールで出てきてくれたまっすーは本当にキラキラしてました。
ワンマンショー、最高だったよ!
これからも、抱え切れないほどの夢を抱えて、輝いていくまっすーを応援してます。


以下、内容とツボなど。
ちなみに、2部は2階1列、3部は1階2列目端っこでした。
メモはほとんど取ってないので、台詞の言い回しなどは多少違うと思います。


*拍手、ありがとうございました♪

■VTR
・リムジンを降りると、ボディーガードに前後を挟まれながら楽屋に向かうまっすー。
・「ぶーたん」を抱きかかえるまっすーに、早くも会場から悲鳴が。

■楽屋入り
・VTRとリンクするように、舞台(楽屋)に入ってくるまっすー。
・私服(?)っぽい衣装がまっすーテイストでカワイイ!
・ボーダーのストールに、ピンクのインナー・白いTシャツ・黒い羽織。そして、猫(?)がいっぱいの薄紫のパンツ・・・(苦笑)
・親指の黒いネイルも、人差し指の指輪も、全身ますコレファッションです。
・まっすーだから似合うのね。

■早口言葉
・噛み噛みまっすー。(苦笑)

■閉じ込められる
・楽屋のドアが開かなくなり、突然喋りだす「ぶーたん」にビビるまっすー。
・助けてもらうように、しげに電話。
・しげだよ!

■自己紹介
・「色々とやってもらいたいことがある。それをやらないと楽屋からは出られないよ」と、ぶーたん。
・まずは、写真を見ながら自己紹介。
・小さい頃の「砂浜での写真」「スキーを滑ってる写真」「公園での写真」の3枚。
・順番に、それぞれの写真の思い出を話していくまっすー。
・公園で写した写真は、事務所へ送った履歴書に貼られてた写真だそうです。
・そして、「写真でひと言!」とぶーたんからの無茶振り。
・もちろんどれもまっすーワールド全開で・・・ややウケでした(苦笑)

■ジャニーズ?
・ぶーたんから「NEWSに増田なんていた?」と厳しい追及を受けるまっすー。
・「サヤエンドウ」のジャケ写で確認することに。
・先頭がぴぃたんで、順々にメンバーの写真写りが小さくなってくアノ写真ね。
・スクリーンに写し出される、デッカイぴぃたん。
・「これ、自分でもサイズ的に疑問を感じてたんだよ」と、ボヤくまっすーが・・・(笑)
・一番後ろにまっすーが写ってるハズが、その顔にはぶーたんの顔写真。
・「これ、俺じゃん!」と、ぶーたん。
・ジャケ写がダメなら、PVで確認しようってことで、「サヤエンドウ」PV。
・ここでも、まっすーの顔だけぶーたんに変わってます。
・「やっぱり、俺メンバーじゃん!」と、ぶーたん。
・文句を言うまっすーに、「サヤエンドウ」を踊れるのかと挑発するぶーたん。
・ぶーたん、ぐっじょぶ!

■「サヤエンドウ」
・これ、ホント可愛かったーーー!
・他メンのパートは歌いませんが、ぴぃたんパートでは「ここで山下くん」とか説明入れててカワイイよー!
・もちろん、ダンスは全力です!
・最後の「♪さらば~」のところなんて、言葉じゃ説明出来ないくらい最高にアイドルまっすーで、瀕死です瀕死・・・。
・あああ、今さらながら「サヤエンドウ」のマルチアングル化希望。

■まっすーのスゴイ事
・ぶーたんからの「何かスゴイ事やって見せて」という命令。
・「しげグリア」きたあああ!
・胡坐をかいた状態から、逆立ちしていくまっすー・・・すげー!
・でもこれ「しげグリア」ってより、「ますグリア」ですよね。
・「しげグリア」はぶんぶんしてただけだから(笑)
・ちなみに、この日のまっすーの下着は黒でした。(はあと)
・続いて、5日前から始めたという、中国ゴマ。
・技1・・・「しげリオン」
・技2・・・「しげベーター」(しげがエレベーターで1階から5階に行く技)
・技3・・・「しげ行って来い」(5階にいた錦戸さんに、ジュースを買って来いと言われて行くしげ)
・技4・・・「反抗しげ」(でもそのお金で自分の分も買っていいですか?とちょっと反抗するしげ)
・全て、コマ=しげです。
・他にも、ポップコーンやせんべいを口で吸引させたり、吹きこぼれるラムネの泡を口で受け止めたり・・・そんなスゴイ事を披露してくれました。
・まあ、ラムネ技が一番地味でしたけど・・・(苦笑)
・ポップコーン触った後、お手拭で手を拭くキレイ好きまっすーとか、
動いた後いちいち前髪を気にして整えるとことか、ホント萌える。

■ナマ着替えタイム①
・試着室のような簡易更衣室で、ナマ着替えするまっすー。
・更衣室のカーテンにシルエットが映るのです。
・脚のシルエットが妙にリアルなんですー。
・着替えに合わせて曲が色々と流れるんですが、お約束のようにエッチな曲も。
・着替えながらその曲に合わせて、ちょっとエッチっぽい声を出すまっすー。
・でも、「マスクメロン」とか意味不明なこと言って、一人でウケてるまっすー・・・(苦笑)
・いいのいいの、まっすーはそのままで。

■トニーズブートキャンプ
・ビリー隊長のような格好に着替えたまっすー。
・また、ぶーたんに言われるまま、冷蔵庫に隠されてたDVDを再生。
・スクリーンに映し出されたのは、ビリー?・・・じゃなくて、トニー。(誰)
・トニーに「マッツー」とか「マエダ」とか「マエカワ」とか言われてるし(笑)

■ナマ着替え②
・汗かいちゃったから・・・と、また着替えるまっすー。
・更衣室に入る前、スーパーマリオの曲に合わせてピョンってジャンプするポーズがめちゃめちゃ可愛くて、しんだ・・・。
・そして、今度の着替えはちょっと長いよ♪
・「まだあ?」と急かすぶーたんに、「大人しく待ってろよ!」って、ちょっとまっすーが!まっすーが!(興奮)
・そして、着替えた衣装が、まさに 好 み の ス タ イ ル!!!
・赤いストライプのシャツに、ゴールドの縁取りが入った黒いベスト、サスペンダー付きのグレーのパンツ、腰に緑のスカーフ、エナメルっぽい黒い靴、首元に緑とゴールドのアクセサリ。
・ちょおおおカワイイよーーー!!!
・特に、グレーのパンツが好き過ぎて、同じの欲しい!(落ち着いて)
・3部の席はまさに至近距離だったので、舐め回すように腰周りを堪能させてもらいました。
・てごますも、そういう衣装だったらいいのにー。

■「ずっと」
・手越くんにもトニーズブートを教えてあげたらいいのに・・・と、ぶーたん。
・まっすー「てごますはあまり動かないからいいの」(苦笑)
・てごますで踊ってくれてもいいんですけどね・・・(独り言)
・ぶーたんから聞かれて、てごます結成秘話を話すまっすー。
・2人の最初のオリジナル曲「ずっと」は、「この中から選んで」と言われて自分達で決めたんだって。
・「ずっと」・・・大好きなんですよおおおお(泣)
・せっかくだから歌ってよとぶーたんに言われ・・・

「この曲は、大切な曲なんだよ」

と、優しく応えてイントロへ。
・このまっすーのひと言に、思わず涙腺が切れました。
・涙が出るほど、優しい言い方だったの。
・まっすーのてごますへの気持ち、初めてもらったこの曲への気持ち・・・いっぱい伝わってきたから。
・まっすーソロの「ずっと」も、とっても素敵でした。
・完全に一人でウルウルです・・・。(涙)

■「ぶーたん」はしげ?
・話しの流れで、ぶーたんはしげじゃないかと疑うまっすー。
・否定するぶーたんが、別の場所にいるしげをモニターで見せることに。
・スクリーンに映し出されたのは、トニーズブートキャンプに没頭するしげ。(笑)
・そんなしげに電話をしてみる。
・忙しいからと相手にしてくれない、しげ・・・。
・しげ、イイ味出してました(笑)
・しげますコンビは、どうしてもしげがお兄ちゃんに見えて好きです。

■「ぶーたん」は誰?
・「しげでもてごでもないよ」とぶーたんが言うと、スクリーンに次々と映し出される4枚の写真。
・それぞれの写真の時の気持ちを話していく、まっすー。
・1枚目は、自己紹介でも使った「公園での写真」
・事務所に入った後、プレゾンに出させてもらい、ダンスがもっと上手くなりたいと思ってた時期だそうです。
・2枚目は「金八先生の時の写真」
・社長に自分からオーディションを受けさせて欲しいとお願いしたそうです。同年代の生徒役の人達との出会いがとても大きな経験に。
・3枚目「NHKの大河ドラマ 武蔵の時の写真」
・演技が楽しくなってきた頃、とても幸運な出来事で決まった仕事だったそうです。
・4枚目「NEWS6人の写真」
・NEWSのメンバーに選ばれて、今は毎日が楽しい・・・とまっすー。

「今までの仕事のどれが欠けても今の自分は無かった。1つ1つが今に繫がっていて、どれも大切なんだよ」

と、優しく語ってくれました。

・そして、それを聞いたぶーたんは「忘れてなかったんだね」・・・と。
・さらに、「今までステージに上がる事は簡単だったか」「辛いことも悔しいこともたくさんあったでしょ?」と問い掛けるぶーたん。
・辛かった思い出を口に出そうとしないまっすーに対して、
「Jr時代に『明日はステージが狭いから来なくていいよ』と言われ、次の日にTVで見たらJrが100人くらい出演してた事とかあったでしょ?」と、ぶーたんが語ります。
・ぶーたーーーん!・・・(号泣)
「それでも頑張って来たのはなぜなの?」と言うぶーたんに、まっすーは・・・

「この仕事が好きだから・・・」
「夢をいっぱい抱えきれないくらい集めて、もし途中で落としても格好悪くてもそれを拾って行きたい」
って。

・まっすーーーーー!・・・(号泣)
・全部話し終えたまっすーに、「やって欲しいこと・・・全部終わったよ」と、ぶーたん。
・そして、ぶーたんはまっすー自身なんだ・・・と。
・最後にぶーたんから「そんなに外に出たがってたのはなぜ?」という問い掛けに・・・

「外に大切なものがあるから」

と、答えるまっすー。
・同時にスクリーンには、客席を映した映像が。・・・まっすー、ありがとう(涙)
「じゃあ行くね」と、ぶーたんに言って楽屋を出て行くまっすー。

■「夢の数だけ愛が生まれる」
・まっすーが向かうステージを待っていたのは私たち・・・という設定。
・まっすーステージの最後の曲として、この曲を歌います。
・もう、本当にまっすーが優しい表情してて、キラキラだよー!
・近くに来た時なんか、本気でまっすーに溶けてしまいそうでしたよ、ほんと。
・なんか、この曲聞くとNEWSの色々あった事とかも重なってきちゃって・・・ボロボロ(泣き疲れ)
・この先、まっすーもNEWSもファンも、ハッピーでいられたらいいなって気持ちで一杯になりました。

■アンコール
・拍手が鳴り止まない中、まっすー登場。
・まっすーは、1階から3階の隅々にまで手を振ってくれるのね。
・2部では「じゃあみんな一緒に・・・イエーイ!」みたいな、バラバラでグダグダな感じで終わりましたけど・・・(苦笑)
・3部は、「夢の数だけ・・・」のサビ部分で声が裏返っちゃったことが心残りだってことで、何かおまけでやってくれそうな雰囲気に。
・まっすーは、特別だから内緒だよ!って言ってたけど、3部だけ「キッス」の触りだけ歌ってくれました。
・ア カ ペ ラ で !!!
・しかも、途中からマイク離してナマ声で歌ってくれたのー。
・スゴイ綺麗で、天使の歌声だったよおおお!
・ますたん、天使。(2回目)

最後まで客席に手を振ってくれて、本当にまっすーに幸せ一杯貰いました。
まっすーの好きなところ沢山あるけど、会場の隅々まで幸せにするパワーはまっすーの1番の魅力だと思います。
まっすーのワンマンショーなんだけど、どこかNEWS色を感じさせてたのもまっすーぽいね。
てごらじは完全にテゴシ色一色でしたからね。(苦笑)

この夏、2人のワンマンショーを見れて本当に幸せでした。
そして、2人の事もっと好きになったよ。
2人ともお疲れ様。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。